産後ダイエットの開始時期は?

産後太りを解消するタイミングは?ダイエットはいつからが開始するのが良い?

産後太りを解消するタイミングは?ダイエットはいつからが開始するのが良い?

sangodiet-top

 

妊娠中に運動量が減ってしまったことや
食べ過ぎてしまったことが原因となり

 

出産後に体重が増えてしまったという方は非常に多く、
出産後でも妊娠前のような生活に戻すことが出来ずに、
なかなかダイエットを開始することも出来ないという声が多いです。

 

新生児が居ることや妊娠中の生活に馴れてしまったことが原因となり、
ダイエットを行いやすい環境を整えることが難しくなってしまう方が多いといわれてます。

 

また出産後は新生児への授乳などもあるため
「いつ頃から産後ダイエットを開始して良いのかがわからない」
という方も多く、産後ダイエットのタイミングを逃してしまう方も多いのです。

 

 

産後太りを放置するリスク

産後ダイエットのタイミングを逃してしまった場合、
産後太りが酷くなってしまう可能性
太りやすく痩せにくい体質になってしまう可能性もあるといわれています。

 

このような状態を避けるためにも産後ダイエットのタイミングをきちんと掴み、
産後6ヶ月以内の体重を落としやすい期間中に
自分の目標とする理想体重や理想体型になりましょう。

 

 

産後ダイエットはいつから始めればよい?タイミングを考察

まず産後ダイエットを始めるタイミングについてですが、
これは出産時にかかってしまった負担が母体によって異なるため
一概に言い切ることはできません。

 

そのため担当している産婦人科の医師に
直接産後ダイエットを開始しても良い時期を相談することをおすすめします。

 

また自分で産後の負担や体調が安定したと
感じる時期(理想は産後1ヶ月から1ヶ月半の時期)に
産後ダイエットを開始することも良いといわれています。

 

どちらにしても、産後ダイエットを開始する時期は、
自分の体調や状態が妊娠前の時までは戻らずとも
「安定した」と感じる時に開始することが最も適切なものとなっています。

 

もし医師から産後ダイエットの許可がでた場合でも
産後の体調が整わない場合や安定しない場合は、
ひとまず産後ダイエットのことは忘れて体調を戻すことを
意識して生活を送るようにしましょう。

 

そして自分の体調が安定したと感じる時期から産後ダイエットを
きちんと成功させるための努力を重ねるようにしましょう。


スポンサードリンク

関連ページ

ママの体を回復させるための産後の過ごし方
初めての妊娠・出産は誰でも不安がありますよね。母親になる心構えや、元気な赤ちゃんを産む為に気を付けたいこと、妊娠中にとても便利だったグッズ等も紹介していきます。ハッピーなマタニティーライフを送る為の役立つ情報を沢山詰め込んだサイトにしていきたいと思います。
マタニティーブルーと育児ストレス 原因や解消方法は?
多くのママが経験するマタニティーブルーや育児ストレス。自分では気づかないうちにストレスや悩みを抱え込んでしまっていることも。原因や解消方法を知ることで、少しでもママの気持ちが楽になるといいですよね。
産後の体型戻し、お腹は元にもどるの?
産後すぐには、思ったよりお腹は元に戻らず、焦る人も多いと思いますが、この時期の無理なダイエットは、あとになって健康に影響します。まずは体の回復を優先し、落ち着いたら産後エクササイズなどに取り組んでみるといいですよ。
気になる産後の尿漏れの原因とセルフケア
妊娠・出産を経て、初めて尿もれを経験する人も多いかと思います。最初は、自分だけ?と不安になるかもしれませんが、安心してください。みんななるんです。尿もれの原因とセルフケアを知っておけば、落ち着いて対応できますよ♪
産後ママのおっぱいの変化や授乳について
妊娠してからママのおっぱいは、大きく変化してきましたが、元の状態にちゃんと戻るか心配な人も多いかと思います。また、初めての授乳にも悪戦苦闘し、おっぱいトラブルにも悩まされます。産後のおっぱいの変化や授乳についてまとめたページです。
おっぱいが出ない!授乳中のトラブルの対応策
初産後、授乳をする際に様々なトラブルがママをおそいます。おっぱいが出ない、乳首が痛い、おっぱいが張るなど、その症状はいろいろ。そんな授乳中のトラブルの対応策を紹介します。
卒乳のタイミング・時期はいつ?断乳は何歳からが一般的なのか
「卒乳・断乳」のタイミングや時期でをいつにするべきか?というのがママさんが悩む意外なポイントのひとつです。実際に何歳までに卒乳するのが一般的なのか、自分の子どもにはどうするべきか考えていきましょう。
母乳育児のデメリットと白斑の対処法・治し方
母乳育児は母子ともにメリットも沢山ありますが、デメリットはないのでしょうか。また、母乳育児のトラブルで多い白斑とは何でしょうか。対処法と治し方を紹介します。

ページTOPへ

サイトTOPへ