授乳中のおっぱいトラブルの対応策

乳首が痛い!おっぱいが出ない!授乳中のトラブルの対応策

乳首が痛い!おっぱいが出ない!授乳中のトラブルの対応策

jyunyuu-top

かわいいわが子におっぱいをあげる時間。
あぁなんて穏やかで幸せな時間なんでしょう……
私がそんな風に思ったのは、第一子を出産して3カ月もたってからでした。

 

吸われると乳首が猛烈に痛いし、そもそも殆どおっぱい出てないんだもん(T_T)
育児本にはこんなこと書いてなかったよ・・・
産院からは、母乳育児したいならミルクあげちゃダメと強く言われたけど、
ミルクあげなきゃこの子ずっと爆音で泣き続ける!

 

どーーーしたらいいのーーー!!!

 

と思う日々を過ごしていたからです。

 

 

もちろん育児本に書いてあるように、産後すぐから何の痛みもなく、
赤ちゃんが満足できる量のおっぱいが出る人もいます。

 

そして、みんながみんな上記のような状況になるわけではありません。
(他にもおっぱいのトラブルはいっぱいありますしね)

 

が、ママ友が増えた現在わたしと同じような状況に陥ったママさんは、少数ながらおられました。

 

今回は、初産後の授乳時の乳首の痛み
おっぱいの出が悪い場合の対応方法について記事を書いていきたいと思います。

 

 

授乳中のトラブルの対応策

 

乳首が痛いのはしょうがない!慣れるまで我慢!

いきなり精神論で恐縮ですが(汗)出産を経験して母になっても、
おっぱいはまだ「赤ちゃん用」にはなっていません。

 

赤ちゃんが吸うことを繰り返して、だんだん「赤ちゃん用」の形に変わってきます。
痛みの度合いは人それぞれですが(私は乳首を洗濯バサミで挟まれたまま引っ張られるような痛みでした)、
この形作られるまでの約1カ月間の間、我慢できるかが、
その後母乳育児になるかミルク育児になるかの分かれ道です。

 

(お仕事復帰の関係やママの体調などで産後すぐミルク育児を選ばれる方もいらっしゃいます。
日本のミルクは世界最高峰の品質です。ただ、価格を考えると、母乳育児のほうが安上がりなのです。)

 

もし、母乳育児を続けようとお考えなら、とにかく痛みに耐えましょう!

 

おっぱいが出ないなら、とにかく食べよう!!

おっぱいは、ママの血液を原料とします。
つまり、ママが食べる量が少なければ、おっぱいに変換される量も少なくなってしまいます。

 

ママは産後のダイエットを始めたい時期ですが、
スタートはおっぱいが軌道に乗ってからでも遅くはありませんよ。

 

ちなみに、私は産後2カ月の時に、先輩ママさんからおはぎをおススメされ、
下記の方法の実施と並行して食べるようにしていました。

 

すると、産後3カ月の時にはミルクを足さなくて良いくらいおっぱいが出るようになりました。
先輩曰くもち米は高カロリーで血液を沢山生産させ、あんこは豆なので栄養もある!との事でした。

 

おっぱいが生産されすぎて乳腺炎を起こしてしまう人は避けたほうが良いですが、
出なくて困ってしまう場合はぜひおやつにどうぞ。

 

乳房マッサージを受けよう!

おっぱいが出ない原因は、乳管(おっぱいの通り道)が開通していないためかもしれません。
産院等で行っている乳房マッサージを受けて、乳管が開通しやすい環境を整えましょう。

 

マッサージ料金は場所によって違いますが初回は4,000円くらいです。
決して安くはありませんが、自己流よりもはるかに効果が期待できます。

 

とにかく吸わせよう!

乳房はタンクではありません。その貯蔵量はわずかで、
赤ちゃんが吸うことにより生産されます。
出が悪くても、痛くても、とにかく赤ちゃんにおっぱいを吸ってもらいましょう。

 

 

授乳中のトラブルの対応策まとめ

上記はあくまでも私が周りの先輩ママさんから教えてもらって実践した結果、
おっぱいが出るようになった対応方法です。
なので、これが全てではありません。

 

もしあなたが、授乳中にわたしと同じようなトラブルが起きててしまったら、
沢山ある対応策の1つとして試してみてくださいね。

 

また、やはりどんなに頑張ってもおっぱいが出ない人はいます。
産後のメンタルが弱くなっている時期でもあり、悲しい気持ちになるかもしれません。
でも、母親の役割はおっぱい出すことだけではありませんよ。
ママが悲しんでいると、赤ちゃんも悲しい気持ちになってしまいます。

 

愛情込めてミルクを作って、優しい腕の中で飲ませてあげてくださいね。

 

大変で楽しい子育て、頑張りましょう!


スポンサードリンク

関連ページ

ママの体を回復させるための産後の過ごし方
初めての妊娠・出産は誰でも不安がありますよね。母親になる心構えや、元気な赤ちゃんを産む為に気を付けたいこと、妊娠中にとても便利だったグッズ等も紹介していきます。ハッピーなマタニティーライフを送る為の役立つ情報を沢山詰め込んだサイトにしていきたいと思います。
マタニティーブルーと育児ストレス 原因や解消方法は?
多くのママが経験するマタニティーブルーや育児ストレス。自分では気づかないうちにストレスや悩みを抱え込んでしまっていることも。原因や解消方法を知ることで、少しでもママの気持ちが楽になるといいですよね。
産後の体型戻し、お腹は元にもどるの?
産後すぐには、思ったよりお腹は元に戻らず、焦る人も多いと思いますが、この時期の無理なダイエットは、あとになって健康に影響します。まずは体の回復を優先し、落ち着いたら産後エクササイズなどに取り組んでみるといいですよ。
産後太りを解消するタイミングは?ダイエットはいつからが開始するのが良い?
産後太りを解消するタイミングは?ダイエットはいつからが開始するのが良い?
気になる産後の尿漏れの原因とセルフケア
妊娠・出産を経て、初めて尿もれを経験する人も多いかと思います。最初は、自分だけ?と不安になるかもしれませんが、安心してください。みんななるんです。尿もれの原因とセルフケアを知っておけば、落ち着いて対応できますよ♪
産後ママのおっぱいの変化や授乳について
妊娠してからママのおっぱいは、大きく変化してきましたが、元の状態にちゃんと戻るか心配な人も多いかと思います。また、初めての授乳にも悪戦苦闘し、おっぱいトラブルにも悩まされます。産後のおっぱいの変化や授乳についてまとめたページです。
卒乳のタイミング・時期はいつ?断乳は何歳からが一般的なのか
「卒乳・断乳」のタイミングや時期でをいつにするべきか?というのがママさんが悩む意外なポイントのひとつです。実際に何歳までに卒乳するのが一般的なのか、自分の子どもにはどうするべきか考えていきましょう。
母乳育児のデメリットと白斑の対処法・治し方
母乳育児は母子ともにメリットも沢山ありますが、デメリットはないのでしょうか。また、母乳育児のトラブルで多い白斑とは何でしょうか。対処法と治し方を紹介します。

ページTOPへ

サイトTOPへ