気になる産後の尿漏れ原因とセルフケア

気になる産後の尿漏れの原因とセルフケア

気になる産後の尿漏れの原因とセルフケア

妊娠中・産後の尿もれ

 

 

「尿もれ」と聞くと、なんだか心配になるママも多いと思います。

 

知らないと「私だけ?」と不安になりますが、大丈夫です。

 

妊娠中や産後の尿もれは誰でもなりやすく、当たり前のことですから、

 

安心してくださいね。

 

 

尿もれの原因

 

妊娠中には、大きくなった子宮の重みで膀胱が圧迫され、

 

尿もれが起こりやすくなります。

 

骨盤底筋が引き伸ばされるため、力を入れた時に尿もれしやすくなるのです。

 

 

骨盤底筋とは、骨盤の底にあり、子宮や膀胱などの腹部臓器を支えている部分で、
筋肉や繊維組織でできているものです。

 

 

産後は、この骨盤底筋が伸びきってしまい、尿道を閉めにくくなるため、
尿もれしやすい状態です。

 

 

出産によって神経組織がダメージを受けた場合には、尿意を感じにくい、

 

尿が出にくいなどの影響がでることもあります。

 

 

妊娠・出産をしたママの多くが経験することなので、心配する
ことはないですよ。

 

産後3〜4ヶ月ほどで膀胱と子宮の位置がもどり、骨盤底筋が

 

回復すれば、ほとんどが自然に治まります。

 

 

尿もれの対策としては、尿ケア専用のパッドを使うといいですよ。

 

生理用品では臭いが気になりますが、専用のものなら快適です。

 

 

骨盤底筋の負担を少しでも軽くするためには、分娩時間が短いこと。

 

そのためには、妊娠高血圧症候群などの分娩が長引く要因は避けたいですね。

 

 

また、タイミングよくいきむことでも骨盤底筋にかかる負担を
減らせるので、助産師さんの指示に合わせていきむといいですよ。

 

 

尿もれのセルフケア

 

 

尿もれセルフケア

 

 

自然に治るといっても、できるだけ早くどうにかしたい尿もれ。

 

そのためには、骨盤底筋の回復が重要ですが、産後の過ごし方で

 

回復に違いがでます。

 

 

産後1ヶ月は安静に

 

出産によるダメージから早く回復するには、産後1ヶ月

 

赤ちゃんのお世話をする以外は、なるべく横になって休みます。

 

重い物を持ったり、無理に立ち上がったり動き回ると、骨盤底筋に

 

負担をかけ、それだけ回復も遅れます。

 

産褥期の過ごし方につてはこちら

 

 

出産直後のガードルは逆効果

 

出産後すぐにガードルなどでお腹を締めつけるのは、子宮や膀胱を

 

下げ、骨盤底筋やじん帯に負担をかけます。

 

 

回復が遅れると、尿もれを長引かせることに( ゚Д゚)

 

 

産後4週間はガードルで強く締めつけるのはやめ、 

 

まずは体を休ませることを優先させましょう。

 

同じように、腹筋運動も産褥期を過ぎてから少しずつ。

 

 

骨盤底筋を鍛える

 

骨盤底筋を鍛えると、尿もれが改善される傾向にあります。

 

トレーニングは、会陰の痛みが治まったころから始め、

 

1日2回10分ずつを目安に毎日続けるようにしましょう。

 

 

☆基本編

 

1.仰向けに寝て、足を肩幅に開き、両膝を軽く曲げて立て、
  体をリラックスさせます。

 

2.その姿勢のまま、1分間に12〜14秒の割合で、骨盤底を締めます。
  (お腹、足、腰に力が入らないように意識し、肛門、尿道、膣全体を締める)

 

3.1分間の残りの46〜48秒は、体から力を完全にぬきます。

 

10分間繰り返します。

 

 

☆応用編

 

1.椅子の背もたれに腰と背中をあずけ、深く腰かけます。

 

2.基本の動作と同様、1分間に12〜14秒の割合で骨盤底を締めます。

 

3.1分間の残り時間、全身から力を抜くのも同様。

 

こちらも10分間繰り返します。

 

※腹筋を使わないよう、片手をお腹に当てて確かめながらやって下さい。

 

 

特にこんな人におすすめ♪

 

●妊娠中、産後に尿もれすることが頻繁にあった

 

●子宮口が開いてから産まれるまで5時間以上かかった

 

●3500g以上の赤ちゃんを産んだ

 

●産後1週間経っても、子宮が下がっている

 

 

トレーニングをしても尿もれが改善しない場合は、病院で相談しましょう。

 

 

尿もれは、なかなか人に相談しにくいデリケートな問題ですが、

 

妊娠・出産を経験した人はみんな通る道です。だから安心して下さいね♪

 


スポンサードリンク

関連ページ

ママの体を回復させるための産後の過ごし方
初めての妊娠・出産は誰でも不安がありますよね。母親になる心構えや、元気な赤ちゃんを産む為に気を付けたいこと、妊娠中にとても便利だったグッズ等も紹介していきます。ハッピーなマタニティーライフを送る為の役立つ情報を沢山詰め込んだサイトにしていきたいと思います。
マタニティーブルーと育児ストレス 原因や解消方法は?
多くのママが経験するマタニティーブルーや育児ストレス。自分では気づかないうちにストレスや悩みを抱え込んでしまっていることも。原因や解消方法を知ることで、少しでもママの気持ちが楽になるといいですよね。
産後の体型戻し、お腹は元にもどるの?
産後すぐには、思ったよりお腹は元に戻らず、焦る人も多いと思いますが、この時期の無理なダイエットは、あとになって健康に影響します。まずは体の回復を優先し、落ち着いたら産後エクササイズなどに取り組んでみるといいですよ。
産後太りを解消するタイミングは?ダイエットはいつからが開始するのが良い?
産後太りを解消するタイミングは?ダイエットはいつからが開始するのが良い?
産後ママのおっぱいの変化や授乳について
妊娠してからママのおっぱいは、大きく変化してきましたが、元の状態にちゃんと戻るか心配な人も多いかと思います。また、初めての授乳にも悪戦苦闘し、おっぱいトラブルにも悩まされます。産後のおっぱいの変化や授乳についてまとめたページです。
おっぱいが出ない!授乳中のトラブルの対応策
初産後、授乳をする際に様々なトラブルがママをおそいます。おっぱいが出ない、乳首が痛い、おっぱいが張るなど、その症状はいろいろ。そんな授乳中のトラブルの対応策を紹介します。
卒乳のタイミング・時期はいつ?断乳は何歳からが一般的なのか
「卒乳・断乳」のタイミングや時期でをいつにするべきか?というのがママさんが悩む意外なポイントのひとつです。実際に何歳までに卒乳するのが一般的なのか、自分の子どもにはどうするべきか考えていきましょう。
母乳育児のデメリットと白斑の対処法・治し方
母乳育児は母子ともにメリットも沢山ありますが、デメリットはないのでしょうか。また、母乳育児のトラブルで多い白斑とは何でしょうか。対処法と治し方を紹介します。

ページTOPへ

サイトTOPへ