産後の体型戻し、お腹は元にもどる?

産後の体型戻し、お腹は元にもどるの?

産後の体型戻し、お腹は元にもどるの?

産後の体型戻し

 

妊娠で大きくなったママのお腹は出産すればすぐにペッタンコに

 

なるかと思いきや、実はそうではありません。

 

妊娠前の洋服はまだ着れず、しばらくはマタニティーウェアで
過ごすことになるかと思います。

 

 

産後の体型戻しを焦る気持ちは分かりますが、出産によって

 

大きなダメージを受けた体に、無理なダイエットは禁物です。

 

 

産後のお腹の状態

 

赤ちゃんを産んだのになぜお腹はすぐに、元にもどらないのか?

 

それは、子宮がまだ大きいからです。

 

子宮の収縮とともに、だんだんとお腹も小さくなっていきますよ。

 

子宮の収縮についてはこちら

 

お腹の妊娠線で悩んでいる人もいると思いますが、残念ながら

 

一度できてしまった妊娠線は消えないそうです。

 

しかし、妊娠中には赤く目立っていたものが、産後には白くなり、
目立ちにくくなります。

 

 

妊娠線の予防には、保湿が大事です。妊娠初期から妊娠線ケアクリーム
などでのケアが重要です。

 

 

産後の上手な体型戻し

 

体重が元にもどっても、体型はもどりにくいものです。

 

思ったよりも小さくならないお腹に焦りを感じ、早く元に戻さなきゃ!

 

と思うでしょう。私もそうでした。

 

しかし、ここで無理なダイエットをすることはとても危険です。

 

 

後になって体調を崩したり、基礎代謝を低下させ、今よりも
太りやすい体になってしまう恐れがあります。

 

 

体重を落とすことや、スリムな体型になることよりも、
衰えた体力や筋肉をとりもどすことを意識して、筋力回復につとめます。

 

 

基礎代謝を上げることで、スムーズに元の体型に戻すことができます。 

 

 

骨盤の引き締め

 

出産で最大限に開いた骨盤を引き締めることが、
体型戻しの最重要ポイントです!

 

 

骨盤がきちんと元の位置に戻らないと、胃や腸が下がり下腹がっぽこり。

 

お尻が大きくなる原因にもなりかねません。

 

 

開いた骨盤は、産後2ヶ月ほどかけて元に戻ろうとします。

 

しかし、筋力の落ちている産後ですから、上手く戻らないこともあります。

 

かといって、まだ激しい運動はできないので、骨盤ベルトなどの
リフォーム下着をつけるといいですね。

 

 

骨盤ベルト

 

 

お腹やウエストを締めるのではなく、骨盤を内側に寄せて上げるような
イメージでつけるといいと思います。

 

 

産後の骨盤がゆるんでいるうちは、横座りや足を組むのは避け、

 

姿勢を正して、左右に均等に重さがかかるように座るといいですよ。

 

 

また、重い物を持ったり、足を踏ん張るような態勢は、骨盤に
負担をかけます。

 

無理せず、何よりも体の回復を優先させて下さいね。

 

 

骨盤とお腹を引き締める運動

 

☆お尻歩き(足を前に投げ出して座り、お尻を床からあまり
浮かせないようにして腕を振りながらお尻を使って前進&後退)

 

 

☆座るときは両膝をくっつけるように意識する

 

 

☆おなかの上に手を当てて「あ」「い」「う」「え」「お」と
声を出しながら、同時におなかを引っ込めます。1日10セットが目安

 

 

☆イスに腰掛けて膝を90度に保ったまま、足を床から3cm程浮かせて15秒キープ

 

 

☆四つん這いになり、右手&左足を床から離して腕は前へ、
足は後ろにピンと伸ばし5秒キープ。反対の手足も同様に

 

 

こうしたエクササイズは、産褥期がおわり、体が回復してから、

 

無理せず体調と相談しながら徐々に始めて下さいね♪ 

 

 

産後太り解消のための食事

 

おっぱいをあげているとお腹がすくとよく言いますが、だからといって
食べ過ぎていては、元の体型に戻すのは難しいです。

 

産後太りを解消し、健康な体づくりのためにも、食事には気をつけたいですね。

 

 

●食事は3食きちんと食べる 

 

よく噛んでゆっくり食べることで、食べ過ぎ防止にもなります。

 

一日の目安は、母乳をあげる場合でも、プラス350kcalです。

 

 

●カロリーよりバランス

 

妊娠中もそうですが、色々な食品をバランス良く食べることが大事です。

 

主食は少な目に、野菜・タンパク質・海藻などを多くとりましょう。

 

 

産後の食事

 

 

●肉より魚

 

薄味で、和食中心のヘルシーな食事を心掛けます。

 

食材は少し固めに調理することで、噛む回数が増え満腹感が得られるので、

 

食べ過ぎ防止にもなります。

 

 

●揚げ物は少なめに

 

油は吸収されやすく、母乳がつまる原因にもなります。

 

食べるなら、量はひかえめに、夕食はさけたほうがいいです。

 

 

●お菓子、アイス、ジュースはひかえる

 

間食にこれらを食べるのは太ります。

 

また、ファーストフード、菓子パンなどもさけましょう。

 

 

お菓子

 

 

●水分は水かお茶

 

母乳をあげている人は特に、水分も多めにとる

 

ようにしましょう。

 

コスモウォーターでお水のある生活を始めませんか?



 

 

また、カフェインを含むものはさけ、水、麦茶、たんぽぽ茶など

 

にするといいですね。

 

妊娠中・授乳中のカフェインの摂取につてはこちら

 

 

 

産後の体型戻しは、骨盤を引き締めることに重点をおき、

 

適度な運動、ヘルシーな食事が必要です。

 

元々筋肉があり基礎代謝が高い人や、年齢が若いママは比較的

 

苦労せず体型をもどせるようですが、そうでないこともあります。

 

産後のたるんだ体型をスリムにするには、それなりの努力が必要ということですね。

 

ただ、産後の無理は禁物です!ゆっくり体力の回復につとめましょう(^_-)-☆

 


スポンサードリンク

関連ページ

ママの体を回復させるための産後の過ごし方
初めての妊娠・出産は誰でも不安がありますよね。母親になる心構えや、元気な赤ちゃんを産む為に気を付けたいこと、妊娠中にとても便利だったグッズ等も紹介していきます。ハッピーなマタニティーライフを送る為の役立つ情報を沢山詰め込んだサイトにしていきたいと思います。
マタニティーブルーと育児ストレス 原因や解消方法は?
多くのママが経験するマタニティーブルーや育児ストレス。自分では気づかないうちにストレスや悩みを抱え込んでしまっていることも。原因や解消方法を知ることで、少しでもママの気持ちが楽になるといいですよね。
産後太りを解消するタイミングは?ダイエットはいつからが開始するのが良い?
産後太りを解消するタイミングは?ダイエットはいつからが開始するのが良い?
気になる産後の尿漏れの原因とセルフケア
妊娠・出産を経て、初めて尿もれを経験する人も多いかと思います。最初は、自分だけ?と不安になるかもしれませんが、安心してください。みんななるんです。尿もれの原因とセルフケアを知っておけば、落ち着いて対応できますよ♪
産後ママのおっぱいの変化や授乳について
妊娠してからママのおっぱいは、大きく変化してきましたが、元の状態にちゃんと戻るか心配な人も多いかと思います。また、初めての授乳にも悪戦苦闘し、おっぱいトラブルにも悩まされます。産後のおっぱいの変化や授乳についてまとめたページです。
おっぱいが出ない!授乳中のトラブルの対応策
初産後、授乳をする際に様々なトラブルがママをおそいます。おっぱいが出ない、乳首が痛い、おっぱいが張るなど、その症状はいろいろ。そんな授乳中のトラブルの対応策を紹介します。
卒乳のタイミング・時期はいつ?断乳は何歳からが一般的なのか
「卒乳・断乳」のタイミングや時期でをいつにするべきか?というのがママさんが悩む意外なポイントのひとつです。実際に何歳までに卒乳するのが一般的なのか、自分の子どもにはどうするべきか考えていきましょう。
母乳育児のデメリットと白斑の対処法・治し方
母乳育児は母子ともにメリットも沢山ありますが、デメリットはないのでしょうか。また、母乳育児のトラブルで多い白斑とは何でしょうか。対処法と治し方を紹介します。

ページTOPへ

サイトTOPへ