初めての妊娠・出産

ママの体を回復させるための産後の過ごし方

ママの体を回復させるための産後の過ごし方

産後の過ごし方

 

 

妊娠してから10ヶ月かけて徐々に変化してきたママの体は、

 

出産直後から6〜8週間前後で急激に元に戻ろうとします。

 

この期間を「産褥期」といい、この期間をどう過ごすかによって、

 

女性の体に後々影響してきます。

 

体調や体力が完全に元に戻るまでは、無理をせず、

 

赤ちゃんのお世話を中心に、元の生活リズムに少しずつ戻していきましょう。

 

 

やっぱりお水は天然水が一番!【コスモウォーター】



 

 

出産直後のママの体について

 

子宮はどうやって元に戻るの?

 

出産直前には胃の高さまで大きくなった子宮は、分娩で胎盤が
外に出ると、一度おへその下まで急激に小さくなります。

 

 

一時的に収縮する力が弱まり、翌日にはおへその高さまで戻り、

 

その後は、収縮を続けながら小さくなっていきます。

 

完全に元に戻るのに6〜8週間かかります。

 

 

「後陣痛」とは?

 

出産の後に、子宮の収縮によって強い痛みを感じます。

 

これを「後陣痛」といい、生理痛のような痛みが2〜3日続きます。

 

人によって痛みの強さは違いますが、一般的に経産婦のほうが

 

痛みが強い傾向があり、初産婦の中には痛みを全く感じない人もいるそうです。

 

痛みがひどい時には、湯たんぽなどで温めると楽になります。

 

 

悪露はいつまで続くの?

 

「悪露(おろ)」とは、出産によって子宮にできた傷からの出血、

 

子宮に残っている血液と卵膜や分泌物などが混ざったおりもののことです。

 

産後3日間ぐらいは量が多く、血液に近い状態ですが、

 

退院の頃には生理ぐらいに落ち着いてきます。

 

 

最初は血液が多いため赤色→赤褐色→ピンク→黄色→白と薄くなり、
最終的に透明になります。

 

個人差がありますが、1ヶ月健診のころにはなくなります。

 

 

悪露は、子宮の回復具合をみるバロメーターになります。

 

退院後、急に悪露の量が増えたり、血の塊が出たときには受診してください。

 

 

月経の再開は?

 

一般的に産後4〜5ヶ月ごろと言われていますが、個人差が激しいです。

 

ママの年齢が若いほど早く再開したり、母乳をあげているママのほうが

 

再開が遅いことが多いようです。

 

月経がないからといって、妊娠しないわけではありません。

 

月経がなくても排卵している場合もありあす。

 

まだ2人目を考えていないなら、避妊に気をつけましょう。

 

 

会陰切開や帝王切開の傷

 

会陰切開の傷は出産直後に縫合し、退院までに抜糸してくれます。

 

私は抜糸がいらない溶ける糸だったので楽でしたよ♪

 

傷口は細菌感染などのトラブルを避けるために、清浄綿などで拭き、

 

清潔を保ちましょう。

 

 

帝王切開の場合は、1〜2日は強い痛みを感じますが、3日目ぐらいから
落ち着いてきて動けるようになるようです。

 

 

痛みが強いときは、鎮痛剤をもらえることもありますので医師に相談を。

 

だいたい2週間ほどで大きな痛みはとれ、次第になくなりますが、

 

傷口がかゆかったり、天候によって痛んだりもするようです。

 

 

傷跡は、縦に切ったほうが目立ちやすく、横に切ったほうが
目立ちにくいようです。

 

どれくらい傷跡が残るかは体質にもよりますが、気になるようなら

 

整形外科や皮膚科に一度相談してみるといいでしょう。

 

 

産後の体を回復させるための過ごし方

 

産後の養生

 

産褥期の養生が大事!

 

出産後6〜8週間の産褥期は、このあとの女性の健康に大きく影響します。 

 

昔から、産後1ヶ月は布団を敷きっぱなしでいつでも横になれるようにし、

 

体をしっかり休めて回復する必要があるとされてきました。

 

 

なぜ、この期間の休養が大事なのかというと…

 

出産によってママの体は思っている以上にダメージを受けています。

 

 

そこに、慣れない赤ちゃんのお世話で疲れや睡眠不足が重なることで
抵抗力が落てしまいます。

 

サプリメントで栄養補給するのもいい方法ですね。


 

 

また、産後には最大限に開いた骨盤が、左右交互に少しずつ縮みながら
元の位置に戻っていくわけですが、完全に整うのに3〜4ヶ月かかります。

 

骨盤がとても不安定なこの時期に、無理な体勢や動作をすると、

 

左右の骨盤がズレたり、傾いたりしたまま固まってしまいます。

 

さらに骨盤を支える骨と骨をつないでいるじん帯がゆるみ、

 

周りのじん帯や、腰骨、背骨、首の骨などが連動して悪影響がでます。

 

 

骨盤のゆがみ・ゆるみは、体全体に大きく関係しているのです。

 

骨盤内の血流やホルモンの流れが悪くなると、

 

子宮筋腫ができやすくなったり、腰痛など様々な体調不良
ひき起こすそうです。

 

 

産後にキレイになる人と老け込んでしまう人の違いは、

 

骨盤の状態が大きくかかわっているようですね。

 

 

家事はなるべくしない

 

産後は自分では元気な気がしても、疲れやすかったり、急に体調が
悪くなることもあります。

 

 

体を冷やすのは良くないので、水仕事は特に避けた方がいいです。

 

腹巻などで体を温めるといいですよ。

 

冷たい飲み物もひかえましょう。

 

里帰りできれば、家事は親にお願いし、赤ちゃんのお世話をする
ぐらいにとどめ、ゆっくり体を休めましょう。

 

 

親に頼めないようなら、パパにお願いしたいですが、

 

助けが得られない場合は、産後ヘルパーなどのサービスを利用し、
ママはなるべく疲れたらすぐに休めるようにしたいですね。

 

有機野菜など安心食材の定期宅配



 

 

体の回復を助ける「産褥体操」

 

産後は体を休める時期ですので、安静が基本ですが、

 

適度な運動は回復を早めてくれます。

 

 

産褥体操は、寝ながらできる簡単な体操ですから、産後すぐに
始めることができます。

 

産褥体操に期待できる効果

 

●妊娠・出産でゆるんだ筋肉の引き締め

 

●悪露の排泄を促す

 

●母乳の出をよくする

 

●便秘予防

 

●ゆるんだ骨盤の引き締め

 

●リラックス効果

 

 

産後の経過が良ければ、すぐに始められますが、ママの体調にも
よるので、医師に相談しながら進めていきましょう。

 

また、疲れたり、体調が悪い時は無理せず休みましょうね。

 

 

 

産褥期の過ごし方は、女性にとって本当に重要です。

 

この時期に無理をすると、
更年期障害がひどくなったり、子宮脱になる危険性があるそうです。

 

昔の女性は産後すぐに動いていたため、今のおばあちゃん世代には

 

子宮が下がり気味、子宮脱になる人が多いとか。恐ろしいですね(+o+)

 

ですから、元気でもママは赤ちゃんのお世話をするだけで他の事は

 

周囲に任せ、赤ちゃんが寝てる間は一緒に休みましょう。

 

母乳育児!ノンカフェインたんぽぽコーヒーが私の味方



 

 

 

 

 

 


スポンサードリンク

関連ページ

マタニティーブルーと育児ストレス 原因や解消方法は?
多くのママが経験するマタニティーブルーや育児ストレス。自分では気づかないうちにストレスや悩みを抱え込んでしまっていることも。原因や解消方法を知ることで、少しでもママの気持ちが楽になるといいですよね。
産後の体型戻し、お腹は元にもどるの?
産後すぐには、思ったよりお腹は元に戻らず、焦る人も多いと思いますが、この時期の無理なダイエットは、あとになって健康に影響します。まずは体の回復を優先し、落ち着いたら産後エクササイズなどに取り組んでみるといいですよ。
産後太りを解消するタイミングは?ダイエットはいつからが開始するのが良い?
産後太りを解消するタイミングは?ダイエットはいつからが開始するのが良い?
気になる産後の尿漏れの原因とセルフケア
妊娠・出産を経て、初めて尿もれを経験する人も多いかと思います。最初は、自分だけ?と不安になるかもしれませんが、安心してください。みんななるんです。尿もれの原因とセルフケアを知っておけば、落ち着いて対応できますよ♪
産後ママのおっぱいの変化や授乳について
妊娠してからママのおっぱいは、大きく変化してきましたが、元の状態にちゃんと戻るか心配な人も多いかと思います。また、初めての授乳にも悪戦苦闘し、おっぱいトラブルにも悩まされます。産後のおっぱいの変化や授乳についてまとめたページです。
おっぱいが出ない!授乳中のトラブルの対応策
初産後、授乳をする際に様々なトラブルがママをおそいます。おっぱいが出ない、乳首が痛い、おっぱいが張るなど、その症状はいろいろ。そんな授乳中のトラブルの対応策を紹介します。
卒乳のタイミング・時期はいつ?断乳は何歳からが一般的なのか
「卒乳・断乳」のタイミングや時期でをいつにするべきか?というのがママさんが悩む意外なポイントのひとつです。実際に何歳までに卒乳するのが一般的なのか、自分の子どもにはどうするべきか考えていきましょう。
母乳育児のデメリットと白斑の対処法・治し方
母乳育児は母子ともにメリットも沢山ありますが、デメリットはないのでしょうか。また、母乳育児のトラブルで多い白斑とは何でしょうか。対処法と治し方を紹介します。

ページTOPへ

サイトTOPへ