妊娠中パパにお願いしたいこと・やめてほしいこと

妊娠中にパパにお願いしたいこと・やめてほしいこと

妊娠中にパパにお願いしたいこと・やめてほしいこと

妊娠中にパパにお願いしたいこと

 

 

パパに参考にしてもらうために、ここでは

 

「妊娠中にパパにお願いしたいこと・やめてほしいこと」

 

をテーマにお話していきますね。

 

 

ママに直接聞いてあげるのが一番ですが、ママが言いづらいことも
あるかもしれません(´・ω・`)

 

 

妊娠中にパパにお願いしたいこと

 

初めての妊娠で不安なママ。さらにつわりなどの体の変化で
思うように動けないイライラ。

 

 

そんな時、ママを支えてあげられるのはパパだけです!

 

もちろん、パパは仕事もあるし、妊娠でママと同じように不安も
感じていることでしょう。

 

しかし、ここで夫として頼れる姿を見せることで、夫婦の信頼関係も
深まるはずです。

 

 

話を聞いてほしい

 

ママもパパが仕事で疲れて帰ってくるのは分かっていますが、

 

話を聞いてほしいのです。

 

特に何かしてほしいとか、アドバイスがほしいとかではなく、

 

ママの話に耳をかたむけ、「うんうん」とうなずいてくれるだけ
でもいいのです。

 

話を聞いてもらえるだけで気持ちがスッキリすることもあります。

 

例えばママは、こう思っています。

 

 

妊婦健診に行った時の話を聞いてほしい、つわりで辛いこと  

 

分かってほしい、体調によってできること・できないことを

 

聞いてほしい、産休や仕事にいつ復帰するか相談したい、  

 

不安や心配事を聞いてほしい、など。

 

 

妊娠初期は特にお腹がまだ大きくないため、周りから見れば

 

大変そうに見えないかもしれませんが、ママの体と心には、

 

大きな変化が起きているのです。

 

ですから、パパはたまにはママの話を聞く時間をつくって、
ゆっくり話を聞いてあげましょう(*´▽`*)

 

それだけでママの気持ちも楽になり、パパへの信頼も厚くなりますよ。

 

 

イミングとママの気持ちを考えて妊娠報告してほしい

 

パパとしては喜びのあまり、早く周囲に知らせたいと思うかもしれません。

 

でも待って下さい。勝手に話すのはダメです!

 

 

妊娠初期は、流産の危険性もあり安定期に入るまでは何が起こるか
分かりません。

 

万が一のことを考えると、周囲に期待させたり、がっかりさせたくないと
思っているママも多いのです。

 

 

つわりなどで体調が悪い時に助けてもらえるよう、両親には
早めに伝えてもいいかと思いますが、職場や友人には

 

ママが報告してもいいと思えるまで待ってあげて下さいね。

 

 

パパが勝手な判断で周囲に話してしまい、ママがパパを
信用できなくなってしまうと、今後の夫婦関係にも影響しますからね。

 

妊娠報告についてはこちらをどうぞ

 

タバコを遠ざけてほしい

 

妊婦がタバコを吸うと胎児によくないことは知られていますが、

 

煙(副流煙)も赤ちゃんにとってよくないものです。

 

 

誰かのタバコの煙を吸うことを受動喫煙といい、低体重児が産まれる可能性も
否定できません。

 

喫煙しているパパは、大切な赤ちゃんのためにも、ママの前では
タバコを吸わないようにしましょう。

 

 

赤ちゃんが産まれたあとの生活も考えて、家庭での喫煙はどうするか
あらかじめ決めておくといいですね。

 

タバコが胎児に与える影響についてはこちらをどうぞ

 

家事を手伝ってほしい

 

つわりで体調が悪く、起き上がるのも辛い時があります。

 

家にいても家事ができないことを責めずに、
できることでいいので伝ってあげましょう。

 

料理ができなければ、お惣菜を買ってきてもいいですし、
ゴミ捨てぐらい代わってあげてもいいですよね。

 

宅配サービスを使うのも便利ですよ。

 

ママに人気の食材宅配サービス

 

 

ママが出産で入院したら、5日間ぐらいはパパ一人で生活
しなければなりません。

 

今のうちにママに代わって一通りの家事をできるようになった方が
あとで役立ちますよ♪

 

 

ちなみにうちの旦那さんは有難いことに、調理師の資格を
もっているので、料理はもちろん、洗濯や掃除もやってくれて、

 

本当に助かりました。

 

仕事帰りに買い物もしてきてくれるし、私が調子悪い時には
「俺が全部やるから寝てていいよ」と優しい言葉もかけてくれました。

 

 

おかげで、妊娠中にイライラすることもなく、出産も二人で無事に
乗り切ることができました。

 

ここまでサポートしてくれるパパはなかなかいないと思いますが、

 

手伝ってあげよう、少しでもママが楽になるようにしてあげたい

 

という気持ちがあるだけでもママは嬉しいですから、

 

簡単な家事から手伝ってみてはいかがでしょうか(*‘∀‘)

 

 

健診についてきてほしい・両親学級に参加してほしい

 

 

妊娠中にパパと両親学級

 

 

一度でもいいので、健診に付き添ってあげてください。

 

赤ちゃんへの関心が高まり、出産がもっと楽しみになります。

 

 

両親学級などで、妊娠・出産・育児について知識をつけることは、

 

今後絶対に無駄にはなりません。

 

父親になる心構えや実感も得ることができますよ。

 

 

その他にも、優しい言葉や労いの言葉をかけられると嬉しいですし、

 

お腹の赤ちゃんにむかって話しかけてくれるのも、幸せな気分になれなす。

 

助かるのは、寝ていて足がつった時に、伸ばして助けてくれること。
妊婦は足がつりやすいので非常に助かります。

 

 

お腹が大きくなってくると、腰が痛くなったり、足の付け根が痛くなったり
するので、マッサージしてもらえるのも嬉しいですね。

 

 

妊娠中にパパにやめてほしいこと

 

飲み会などで帰りが遅い

 

たまにならいいですが、あまり頻繁に飲み歩いて帰りが遅いと、

 

ママのイライラや不満、不安が増します。

 

家で一人で待っているママの気持ちも考えて下さいね。

 

 

赤ちゃんの性別が希望と違ってガッカリする

 

もしも希望の性別でなくても、あからさまにママの前で

 

ガッカリした態度をとるのは厳禁です。

 

ママが悪いわけではないし、男の子でも女の子でもカワイイ我が子に
違いありません。

 

 

ママが傷つくような言葉を平気で言う

 

妊娠中の女性の心は些細なことで落ち込んだりします。

 

何気ないパパの一言がママを傷つけているかもしれません。

 

 

●ママが言われて傷つく言葉の例

 

「太ったね」…そりゃそうです、お腹に赤ちゃんがいるんですから。
体型を一番気にしているのはママ自身です。

 

 

「つわりなんて気の持ちようなんじゃないの?」…実際に経験しないと
分からないつわり。目の前で苦しんでいる奥さんに言う言葉じゃないですよね。

 

 

「毎日寝てばかり」…具合わるいと寝るしかできなし、お腹が大きくなると
寝苦しくて熟睡できないのです。妊婦は寝ても寝ても眠いんです( ;∀;)

 

 

「○○の奥さんは、妊婦でも全部自分でやってる」…妊娠中の体調には
個人差があります。人と比べるものではありません。
パパもよその旦那さんと比べられたら嫌ではありませんか?

 

 

「俺だって大変なんだから(仕事忙しいから)」…分かってますけど、
「大変だけど一緒に頑張ろうな」とか言葉を選んで下さいね。

 

 

 

妊娠中は情緒不安定になりやすく、言葉の受け取り方も悪いほうに
考えがちです。

 

相手を思いやる優しい言葉をかけましょう。

 


スポンサードリンク

関連ページ

パパに知ってほしい!妊娠初期の女性の変化
妊娠初期は、まだお腹も目立たなく、見た目には変化がないようですが、ママの体には大きな変化が起きています。それはつわり症状としてあらわれたり、情緒不安定な状態になったりします。そんな不安定なママをサポートできるのはパパですよね?
妊娠中のパパにあらわれる変化とママとの違い
妊娠中は、ママだけでなく、パパにも変化があらわれます。夫婦がひとつになって出産という一大イベントを乗り切るためにも、お互いの変化に気づけるようにしたいですね。ここでは、妊娠によってパパがどのように変化するのかをお話していきます。
妊娠中にパパが抱える悩みや不安とは?
ママが初めての妊娠で不安を感じているように、パパも不安を感じています。パパのマタニティーブルーもあるんですよ。そんな時はママが優しく話を聞いてあげましょうね。お互いに悩みや不安を相談し合って、二人で少しずつ解決していきましょう。
パパが出産に立ち会う際の準備や注意点
立ち会い出産をするかどうか悩んでいるパパママに必見の、立ち合いをするメリットとデメリットや、準備しておくこと、体験談などをまとめたページです。出産は人生で何回もあることではないので、あとで後悔しないためにも、夫婦でよく話し合っておく必要があります。

ページTOPへ

サイトTOPへ