出産に立ち会うパパの準備や注意点

パパが出産に立ち会う際の準備や注意点

パパが出産に立ち会う際の準備や注意点

妊立ち会い出産の注意点

 

 

立ち会い出産とは、女性の出産の場に立ち合うことを言います。

 

出産で苦しむママに寄り添い、励ましの言葉をかけたり、
陣痛の痛みを和らげたりとパパにはママのサポートをしてもらいます。

 

 

病院によっては立ち会い不可能だったり、条件付きだったりもします。

 

 

立ち会い出産は、これからの夫婦関係や生活に大きく影響しますから、

 

事前に二人でよく話し合って決めましょう。

 

そのために、立ち会い出産のメリットとデメリット、注意点などを
把握しておくといいですね。

 

 

立ち会い出産のメリットとデメリット

 

メリット

 

●父親としての自覚が生まれる

 

妻が頑張っている姿を間近で見ることによって、

 

「夫として、父親として俺も頑張らなくては!」と感じることが多いようです。

 

 

●育児に積極的になる

 

赤ちゃんが産まれる感動の瞬間を目の当たりにして、男泣きをする

 

パパも多く、赤ちゃんに早い段階から愛情がわくので、

 

その後の育児でも協力的になる傾向にあるようです。

 

 

立ち会い出産の準備

 

 
●夫婦の絆が強まる

 

出産という夫婦にとっての一大イベントを一緒に乗り切ることで、

 

パパはママの偉大さを感じ、ママはサポートしてくれたパパを

 

心強く感じるので、信頼関係がより強くなります。

 

 

●ママが安心・心強い

 

初めての出産で心細いママの手を握ったり、腰をさすってあげたり、

 

パパがそばにいてくれるだけで、安心や心強いと感じるママが多いです。

 

また、助産師さんに言えないわがままもパパになら言えますよね。

 

 

デメリット

 

●ショックを受ける

 

出産シーンは感動的でもあり、生々しい現場でもあります。

 

特に血が苦手な男性にとっては、ショッキングな光景かもしれません。

 

 

●夫婦生活に影響

 

いつもと違う妻の様子に、女性としてのイメージが崩れてしまい、

 

セックスレスにつながることも少なくありません。

 

 

●夫婦関係に亀裂

 

パパが上手くママをサポートできなかった場合などに、

 

ママは頼りにできない夫だと感じ、今後の生活に不安を感じることもあります。

 

また、パパは「妻が苦しんでいるのに何もできない」と

 

無力さを感じてしまうことも。

 

 

 

夫婦によってはメリットがデメリットになったり、
その反対もあると思います。

 

 

どの夫婦も絶対に立ち会い出産をするべきとは言えません。

 

立ち会い出産に向いている夫婦とそうでない夫婦がいるからです。

 

パパが立ち会いたくても、ママが拒否する場合もあります。

 

逆にママが立ち会ってほしいと願っても、パパが嫌がることも。

 

二人が納得して出産にのぞめるよう、お互いの意見を出し合い、
よく話し合っておくことが大切ですね。

 

 

 

立ち会い出産をするための準備

 

出産に立ち会う予定のパパは、立ち合い=見守るだけと思っていませんか?

 

パパにも出産に立ち会うための準備が必要ですよ。

 

特に心の準備が重要です!

 

ママのお産に苦しむ姿を見ても落ち着いて、サポートできるように、
陣痛から分娩までの流れを頭に入れ、心構えしておかなければなりません。

 

 

入院の段取りを確認

 

前もって入院に必要なことを病院に確認しておき、いざ入院となった時に
あわてないよう準備しておきましょう。

 

ビデオカメラなどを持ち込みたい場合は、事前に可能かどうか
病院に確認しましょう。衛生面などからNGのケースもあります。

 

 

職場にも説明しておく

 

いつ出産になるか分かりませんから、前もって会社には
立ち会い出産について説明しておき、その時がきたらスムーズに

 

早退や休暇がとれるようにしておきましょう。

 

 

お産について二人で勉強しておく

 

立ち会ってみたものの、何をしたらいいか分からずただ見ているだけ
にならないよう、両親学級などに参加してお産について知っておく

 

ことが大切です。

 

事前に講習を受けないと立ち会いができない病院もあります。

 

 

ママに何をしてほしいか聞いておくのもいいですね。

 

分娩中は、ママに水を飲ませてあげたり、汗を拭いてあげたり、

 

ママがパニックにならないよう落ち着いて声をかけてあげましょう。

 

 

出産後には、「よく頑張った、ありがとう」などのねぎらいの言葉を
かけることも忘れずに。これ重要です!

 

 

陣痛が少しでも楽になるよう、マッサージの仕方を覚えたり、
体調を整えておくことも大切です。

 

 

立ち会い出産に準備しておくといいもの

 

初めての出産では、子宮口が完全に開くまで12〜14時間と
長期戦です。

 

個人差はありますが、陣痛がきてから産まれるまで1日、2日

 

かかることもあり、体力勝負にもなります。

 

 

タオルや着替え、食べ物・飲み物なども準備しておくといいです。

 

分娩中は、呼吸が荒くなり喉が渇くので、水かお茶も必須。
ストローがあると便利です。

 

 

分娩中のママはとても暑くて汗だくですから、タオルやうちわも役立ちます。

 

立ち会い出産で準備するもの水立ち会い出産で準備するもの

 

立ち会い出産をした感想

 

パパの感想

 

 

「苦しむ妻を前に励ますくらいしか何も出来ませんでしたが、

 

産声を聞いた時には感動し、妻に感謝しました。

 

後に妻が『立ち会ってくれなかったら、あの痛みに耐えられたかどうか

 

分からない』と言ってくれたので立会い出産でよかったと思います」

 

 

「最初は立会いしないはずでしたが、成り行きで、立会いする事に

 

なってしまいました。

 

妻の姿、子の生まれる瞬間など、この眼で見ているうちに涙が出てきました。

 

本当に、感動しました。何であんな気持ちになったのかわかりません。

 

立会い出産すると良いと思います」

 

 

「泣かないと決めていた自分でしたが、いざ、生まれてみると

 

やっぱり泣きました。看護婦さんに見られていようが関係ありません。

 

嫁さんには本当に感謝です。この感動は味あわなきゃ損です。」

 

 

感動の声が多いなか、そうじゃない人もいるようです。

 

血が苦手な人や、妻の苦しむ姿を見たくない人はやめた方がいいかもしれません。

 

「妻のお母さんといっしょに立ち会ったのですが、妻は母親に頼りっきりで、

 

ぼくの出番はほとんどなし。途中でコンビニにミネラルウオーターを

 

買いに走ったのが唯一のお手伝いでした。家で待っててもよかったかも」

 

 

「妻が目の前であんなに苦しんでいるのに、「がんばれ」と手を

 

握ってあげることしかできなかった自分が情けなかった。

 

わが子が生まれるというのに、男ってホントに無力ですね。

 

何をしていいのか全然わかんなくて…」

 

 

「想像していたよりも生々しく、妻の変貌ぶりにもショックを受け、

 

女性として見れなくなりました」

 

 

 

 

ママの感想

 

「助産婦さんには頼めないことも夫になら頼みやすい。『腰をさすって』

 

『お茶飲ませて』『汗ふいて』などなど、助産婦さんには頼めない

 

こまごましたことも、夫になら頼みやすいから、すごく気が楽でした。

 

陣痛の合間にぎゅっと抱きしめてもらう安心感もありました」

 

 

「夫がすごく冷静だったので、私も取り乱さずにすみました」

 

 

「長引く陣痛の間中ずっと腰などマッサージしてくれ、

 

出産時も主人が側にいてくれました。

 

分娩台の私の頭の後ろで主人も一緒にいきんでたそうです(笑)

 

産まれた〜とほっとしてる私の後ろで泣いてました」

 

 

やっぱりパパがそばにいてくれると心強いですよね。

 

 

「うちの夫は、もともとあまり気のつくタイプではないんですが、

 

マッサージも呼吸法のリードも助産婦さんまかせで、陣痛室でも

 

ぼーっとしているだけ。

 

はっきり言って、いなくてもよかったのでは、と思っています」

 

 

「オロオロするばかりで、ジャマでした。次は1人で産みます」

 

 

陣痛で苦しむママにとっては、パパがジャマに感じることもある

 

みたいですね(^^;)

 

 

私の場合は、旦那さんが仕事で疲れているのに一度も座らず、

 

声をかけてくれたり、汗をふいてくれたりとサポートをして

 

くれたので、いてくれて本当に安心できたし、惚れ直しましたよ(●´ω`●)

 

個人的には立ち会い出産したほうがいいと思いますが、

 

夫婦でいい面も悪い面もよく話し合って決めて下さいね☆


スポンサードリンク

関連ページ

パパに知ってほしい!妊娠初期の女性の変化
妊娠初期は、まだお腹も目立たなく、見た目には変化がないようですが、ママの体には大きな変化が起きています。それはつわり症状としてあらわれたり、情緒不安定な状態になったりします。そんな不安定なママをサポートできるのはパパですよね?
妊娠中のパパにあらわれる変化とママとの違い
妊娠中は、ママだけでなく、パパにも変化があらわれます。夫婦がひとつになって出産という一大イベントを乗り切るためにも、お互いの変化に気づけるようにしたいですね。ここでは、妊娠によってパパがどのように変化するのかをお話していきます。
妊娠中にパパが抱える悩みや不安とは?
ママが初めての妊娠で不安を感じているように、パパも不安を感じています。パパのマタニティーブルーもあるんですよ。そんな時はママが優しく話を聞いてあげましょうね。お互いに悩みや不安を相談し合って、二人で少しずつ解決していきましょう。
妊娠中にパパにお願いしたいこと・やめてほしいこと
妊娠中のママの心はとても不安定です。パパが支えてあげましょう。妊娠・出産はママ一人でするものではありません。妊娠中から二人で乗り切ろうと協力することが大事です。ママが妊娠中にパパにお願いしたいことや、やめてほしいことを頭に入れておきましょう。

ページTOPへ

サイトTOPへ