パパに知ってほしい妊娠初期の変化

パパに知ってほしい!妊娠初期の女性の変化

パパに知ってほしい!妊娠初期の女性の変化

妊娠中のパパの役割

 

 

妊娠初期は、お腹が大きいわけでもなく、見た目には変化が
分かりづらいですが、ママの体には大きな変化が起こっているのです!

 

つわりで苦しんでいるママの辛さや、それを周囲に分かってもらえない
辛さなど、せめて一番近くにいるパパには理解してほしいですね。

 

 

そのために、パパは妊娠初期に女性の体に起こる変化について
少しだけ知っておいてください。

 

 

妊娠中の女性の体の変化

 

つわりで体調が悪くなる

 

つわりは、妊娠3ヶ月ごろにピークをむかえ、4カ月ごろには
落ち着いてきます。

 

 

症状は人それぞれですが、主に気持ち悪さ、倦怠感、疲労感などです。

 

最初は風邪と勘違いする人も多いですが、咳・鼻水・くしゃみなどが
なく、気持ち悪さや倦怠感が続くようなら妊娠によるつわりの可能性が高いです。

 

 

妊娠検査薬で陽性がでたら、早めに産婦人科を受診しましょう。

 

 

人によっては、起きているだけで具合が悪くて辛いため、

 

1ヶ月ぐらいほとんど寝たきりで何もできない状態だったり、

 

気持ちが悪いため食事がとれず激ヤセしてしまうことも。

 

食事がとれない場合は、サプリメントで栄養を補えます。

 

 

ベルタ葉酸サプリなら必要な栄養が取れます



 

 

食事はバランスよく食べるのがいいですが、食欲がない時は、

 

無理に食べず、食べられるものを口にしてください。

 

赤ちゃんは必要な分だけ母体からエネルギーをもらっているので
心配ありません。

 

 

嘔吐や吐き気は悪化すると、何を食べても吐いてしまいます。
1日に5回以上吐くようなら受診したほうがいいですね。

 

 

今まで好きだったものがダメになったり、特定のものしか
食べられなくなったりもします。

 

 

また、「食べづわり」といって、常に何か口にしていないと
気持ち悪くなってしまうこともあります。

 

少しでも空腹を感じると激しい吐き気におそわれるので、
食べられないのも辛いですが、食べなきゃいけないのも辛いです。

 

スーパーに買い物に行くのも大変ですよね。

 

特につわりで動けない時には、宅配サービスで食材を
届けてもらうのが便利ですよ♪

 

安心・便利な宅配サービスとは?

 

他にも頭痛や貧血なども起こりやすいです。

 

このように、つわりの症状は人によって様々で、いつどの症状が
どれだけ出るのか分かりません。

 

 

ですから、パパは他の妊婦と比べたり、「家にいるんだから家事くらい」
と無理をさせないであげて下さい。

 

 

無理をすると流産の危険性もあり、本当にデリケートで大事な
時期なのです。

 

まだお腹も大きくないので、怠けている・甘えているように見える
かもしれませんが、大切な奥様と赤ちゃんのために優しくしてあげて下さいね。

 

 

強い眠気

 

妊娠初期の非常に強い眠気は、排卵後の黄体ホルモンによるものです。

 

ママの子宮内では、受精卵が急激に成長し始め、体にめまぐるしい
変化が起こります。

 

それにより、運動していなくてもママの体には疲労がたまるのです。

 

この眠気は強烈で、日中仕事をしていても勝手に目が閉じてきてしまうほど。

 

一番の対処法は少しの時間でもいいので眠ること!

 

短時間でも深く眠ることができるので、かなり回復できます。

 

 

ただのお昼寝に見えるかもしれませんが、妊婦にとって
休息は大事です。

 

 

匂いに敏感

 

妊娠初期は特に匂いに敏感で、今まで気にならなかった匂いや、
いい匂いでも、急にダメになり気持ち悪くなります。

 

 

ご飯の炊ける匂い、香水の匂い、タバコの臭いなんかが
ダメな人が多いようです。

 

 

水道水のカルキ臭もけっこう気になるんですよね。

 

美味しい天然水が飲みたい方にはこちら!


 

 

ひどい時には、シャンプーの匂いでも気になってしまうことも。

 

芳香剤や柔軟剤なども匂いが強くないものを選びましょう。

 

中には、旦那さんの匂いが受け付けなくなる人もいるそうです。

 

 

旦那さんにとってはショックかもしれませんが、奥様が悪い
わけではなく、どうしようもない体の変化なので、

 

あまり気にしないで下さいね(∩´∀`)∩

 

 

つわりの吐き気

 

体が熱い

 

妊娠すると体温が高い高温期が続き、常に体が熱っぽい感じになります。

 

体温が高いと普段よりぼーっとしたり、注意力がなくなったりします。

 

車の運転などはひかえたほうがいいかと思います。

 

 

高温期はしばらく続きますが、お腹の中の赤ちゃんが
成長し始めている証拠です。

 

 

下腹部痛・違和感

 

生理痛に似た痛みもあれば、ジワジワくる痛みもありますが、
下腹部にチクチクとした痛みを感じる人が多いようです。

 

痛みが強かったり、長引く場合は流産や子宮外妊娠などの可能性も
あるので、放置せず受診しましょう。

 

 

また、違和感や張りがある場合はガスが溜まっていたり便秘
可能性もあります。

 

便秘になったことがない人でも便秘になりやすいので、

 

食物繊維を摂る、水分をとるなど心掛けます。

 

それでも改善されなければ、医師に相談しましょう。

 

妊婦でも飲める漢方などの便秘薬を処方してくれるはずです。

 

 

妊娠中の女性の心の変化

 

イライラする

 

黄体ホルモンのプロゲステロンは、妊娠を継続するために分泌されますが、
ママの体には、つわり症状としてあらわれ、頭痛や精神不安定

 

イライラを引き起こします。

 

このイライラは、普段の性格や行動とは関係なく起こるもので、
赤ちゃんが成長していくうえでのママにとっては副作用であり、

 

本人にはどうしようもありません。

 

妊娠初期症状のひとつであることを頭に入れ、見守ってあげて下さい。

 

 

決して奥様の性格が変わってしまったわけではないので、
話を聞いてあげたり、リラックスできるようサポートしてあげると

 

ママにとって心強く、安心できるはずです。

 

ちょっとしたことで急にママがイライラしてケンカになることも
あるかもしれません。

 

そんな時は、パパが寛大な気持ちで受け止めてあげて下さいね☆

 

 

疲れやストレスなどから、一人になりたがることもありますので、
その時はそっとしておいたほうが良さそうです。

 

 

不安・感傷的になる

 

一見何の変化もないように見えるママの体ですが、ホルモンの変化で
体はいつもと違うし、つわりや出産への不安から、情緒不安定になります。

 

 

一人になった時に感傷的になり、寂しい気分や悲しい気持ち
なることもあります。

 

 

一人で家にこもってばかりでは、どんどん暗い気持ちになりがち。

 

パパはなるべく早く帰るようにしたり、ママの体調がいい日には
気分転換に外に連れ出してみてはいかがでしょうか(^_-)-☆

 

 

つわりで辛そうだったら、代わりに家事をやってあげると喜びますよ。

 

家事が全くできなくても、何かしてあげたいという気持ちだけで
ママは嬉しいのです!

 

 

 


スポンサードリンク

関連ページ

妊娠中のパパにあらわれる変化とママとの違い
妊娠中は、ママだけでなく、パパにも変化があらわれます。夫婦がひとつになって出産という一大イベントを乗り切るためにも、お互いの変化に気づけるようにしたいですね。ここでは、妊娠によってパパがどのように変化するのかをお話していきます。
妊娠中にパパが抱える悩みや不安とは?
ママが初めての妊娠で不安を感じているように、パパも不安を感じています。パパのマタニティーブルーもあるんですよ。そんな時はママが優しく話を聞いてあげましょうね。お互いに悩みや不安を相談し合って、二人で少しずつ解決していきましょう。
パパが出産に立ち会う際の準備や注意点
立ち会い出産をするかどうか悩んでいるパパママに必見の、立ち合いをするメリットとデメリットや、準備しておくこと、体験談などをまとめたページです。出産は人生で何回もあることではないので、あとで後悔しないためにも、夫婦でよく話し合っておく必要があります。
妊娠中にパパにお願いしたいこと・やめてほしいこと
妊娠中のママの心はとても不安定です。パパが支えてあげましょう。妊娠・出産はママ一人でするものではありません。妊娠中から二人で乗り切ろうと協力することが大事です。ママが妊娠中にパパにお願いしたいことや、やめてほしいことを頭に入れておきましょう。

ページTOPへ

サイトTOPへ