妊娠届と母子手帳交付

自治体での妊娠届の提出と母子手帳の交付

妊娠届の提出と母子手帳の交付

母子手帳

 

妊娠したら、各自治体(住民登録のある市区町村)から

 

母子手帳をもらうことができます。

 

自治体によって手続きの仕方や、受付時間なども違うので、
市区町村のホームページなどで確認しておきましょう。

 

それでは、母子手帳の交付についてお話していきますね。

 

 

母子手帳とは?

 

正式名称は「母子健康手帳」といい、妊娠中・産後の経過や、

 

子供が小学校にあがるまでの成長状況などを記録できます。

 

自治体ごとに多少の違いはありますが、こちらが主な内容です。

 

 

○妊婦の健康状態・妊娠中の経過記録

 

○出産の状態と産後の経過記録

 

○乳幼児の発育記録・グラフ

 

○予防接種・歯科健診の記録

 

○今までにかかった病気の記録

 

○すこやかな妊娠と出産のために

 

○育児のしおり

 

○別冊(健診助成券、母子保健サービス、出産連絡票など)

 

母子手帳には、健診の助成券や行政サービスなど、
お得な情報もいっぱいです。

 

妊娠したら必ずもらいに行きましょう!

 

母子手帳は、子供一人につき一冊ずつ交付されるので、
双子なら二冊もらえます。

 

 

ひどく破損してしまったり、紛失してしまった場合には、

 

母子手帳を再交付してもらえるので、申請しましょう。

 

 

母子手帳と一緒にマタニティーマークももらえるので、
カバンなどにつけて出掛けましょう。

 

妊娠初期はお腹が目立たないので、妊娠していることに

 

気づかれにくいですが、マタニティーマークをつけていれば、

 

それを見た人が電車などで席を譲ってくれたり、周りの人が

 

気づかってくれるので活用するといいですね。

 

 

母子手帳をもらうための手続き

 

現在住んでいる市区町村の役所や保健センターなどで、
妊娠届を書きます。

 

印鑑や身分証明書も持っていくと安心です。

 

自治体によっては、病院で妊娠証明をもらってくる必要もありますので
事前に問い合わせておくといいですね。

 

 

本人ではなくても交付してもらえますが、代理人の場合は
身分証明書や印鑑が必要ですので忘れず持参しましょう。

 

また、出産予定日や医療機関名、医師名などを記入する場合が
ありますので、代理人にお願いする時に分かるようにしておきましょう。

 

届出

 

母子手帳をもらう時期

 

いつからいつまでにもらわないといけない!という決まりはありませんので、
体調のいい日をみてもらいに行きましょう。

 

一般的には、妊娠3ヶ月ぐらいでもらいに行く方が多いようです。

 

赤ちゃんの心拍確認ができて、病院から母子手帳をもらいに行くよう
指示されてからで遅くはないので、焦らなくて大丈夫ですよ(^^)/

 

 

ただ、あまり早くもらってしまうと、もしも流産してしまった時などに、
母子手帳を見るだけで辛くなってしまうことも。

 

出産をしなかった場合でも返す必要はありません。

 

 

母子手帳の活用・アレンジ

 

母子手帳は、妊娠中から出産後の子供の成長まで長く使う
大切な物です。

 

母子手帳ケースを使うと便利ですよ♪

 

診察券、保険証、領収書、エコー写真などと一緒に
ひとまとめにしておくことができます。

 

 

健診の時はもちろん、常に持ち歩いていれば、外出先で具合が

 

悪くなったり、産気づいた時に、母子手帳の情報から、

 

迅速かつ適切な処置をしてもらえるので安心です。

 

 

病院では、妊娠中の経過などを記録してもらえますが、

 

さらに自分でその時の気持ちなどを記入しておけば、

 

あとで見かえした時にいいですよ。出産して1年も経つと、

 

妊娠中のことは忘れがちなので(^^;)

 

 

病院の待ち時間を利用して書き込むのがいいかと思います。

 

育児で行き詰った時や、2人目を妊娠した時に役立つのでオススメです。

 

 

プリクラを貼ってみたり、ケースを手作りしてみたりと、アレンジしてみるのも
楽しいですよ♪

 

 

ケースには一緒に安産のお守りを入れる人も多いみたいですね。

 

お気に入りのケースを用意しちゃいましょう!

 

母子手帳ケースなどの妊娠初期に役立つグッズについてはこちら


スポンサードリンク

関連ページ

産院の選び方で大事なポイントやタイミング
妊娠・出産でとても重要な産院の選び方について、ポイントやタイミングなどまとめたページです。一言に産院といっても、病院の種類や料金、方針もそれぞれ違うので、自分に合った産院を慎重に選びたいですね。
両親や友人、職場への妊娠報告
妊娠の報告は、誰にどのタイミングですればいいのか悩みどころですよね。両親、友人、職場など、どうやって報告するのか、いくつか例を集めててみましたので参考にしていただければと思います。
妊娠中の生活や出産の計画を立てる
妊娠期間は長いようで短く、あっという間に過ぎてしまいます。人生で何度も経験できるものではないので、あとで後悔しないように、妊娠が分かったら、妊娠中どう過ごすか、どんな出産がしたいか計画を立てましょう。
母親学級や両親学級で妊娠・出産の知識を身につける
初めての妊娠・出産の不安や疑問を解消できる母親学級や両親学級を利用しましょう。妊娠・出産・育児の基礎知識を身につけることはもちろん、ママ友を作ったり、情報交換をするのにも役立ちます。
妊娠したら子供の教育資金や学資保険のことを考える
妊娠して子供を授かったときに、子供の将来を考えていかないといけません。その一つに教育資金の確保があります。現在、日本で人気の教育資金確保に学資保険というものがありますが、それはどういったものなのでしょうか。
妊娠中の方必見!話題の無添加「ベルタ葉酸サプリ」とは?
葉酸は妊娠中だけでなく、妊活中、産後も摂りたい栄養素です。食品から摂取するのは難しいため、厚生労働省も、サプリメントでの摂取を薦めています。特に今、妊娠情報誌などで話題の「ベルタ葉酸サプリ」がおすすめで、妊娠中の方は必見です!
胎教や語りかけでおなかの赤ちゃんと【きずな】をつくる
妊娠が分かった時点から赤ちゃんとの時間は始まっています。胎教や語りかけを積極的にしておなかの赤ちゃんとのコミュニケーションを楽しみながら絆を深めていきましょう。

ページTOPへ

サイトTOPへ