産院の選び方のポイントやタイミング

産院の選び方で大事なポイントやタイミング

産院選びのポイントやタイミング

病院

産院選びは、難しいけれど、安心して元気な赤ちゃんを
産むためにも最も重要なことです。

 

産院によって出産のスタイルや方針は様々ですので、
自分に合った産院を慎重に選びましょう。

 

病院の種類と特徴

 

大学病院・総合病院

 

ベッド数100以上の大きい病院です。

 

大学病院や総合病院の長所は、
何と言っても、医療設備が充実していて、診療科目が多いので

 

安心感があるということです。

 

 

緊急時やリスクのある出産も安心です。

 

NICU(新生児集中治療室)を併設している場合が多く、
出生時に問題があった赤ちゃんにも対応できます。

 

また、出産後の赤ちゃんの健診でも引き続き
通うこともできます。

 

 

一方、短所は、とにかく待ち時間が長い!

 

その割には、診察はさらっと終わってしまい、
流れ作業という感じです。

 

 

医師やスタッフは忙しそうで、ちょっとした質問は
聞きづらい雰囲気です( ;∀;)

 

 

分娩スタイルや立ち会いなど、希望がだせないことが多いです。

 

また、担当医がたびたび変わることも多いようです。

 

 

診療所・産科専門の病院

 

ベッド数20未満で、個人・法人と規模は様々です。

 

産科専門病院の長所としては、初診→定期健診→分娩と、
一貫して同じ医師に見てもらえることが多く、

 

些細な変化に気づいてくれたり、丁寧な指導を
してくれるので、信頼関係を築きやすいです。

 

 

出産後は母子同室の場合が多いようです。

 

 

小児科を併設している病院も多いので、
赤ちゃんの健診にもそのまま通えます。

 

 

短所は、値段がお高めであること、
リスクのある出産や緊急時には対応できないので、

 

連携先の総合病院などに転院させられてしまいます。

 

 

助産院

 

助産師が出産の介助や保育指導をしてくれます。

 

病院のように医療行為を行う資格をもっていないので、

 

リスクを伴う出産はできません。 

 

助産院の魅力は、丁寧で親身になってくれるアットホームさ。

 

分娩スタイルやペースも希望をとりいれてくれます。

 

出産後も、母乳指導などサポートしてくれるので安心です。

 

 

リスクのある出産や緊急時に対応できないので、安全性の面では
多少の不安があるかもしれません。

 

 

自宅から病院までの距離

 

産院選びでまず重要なポイントは、自宅から近いかどうか。

 

いくら良い病院に通いたいといっても、あまりに遠い病院では
緊急時に対応が遅れてしまったり、妊娠後期の重いお腹を

 

抱えての通院は大変です。

 

できるだけ近場で産院を探しましょう。

 

 

もし、自宅周辺に産院がない場合は、里帰り出産
考えてみるといいですね。

 

いざというとき、自分の親が傍にいてくれると、
大変心強いですからね(^_-)-☆

 

 

また、緊急時や陣痛がきた時に、自分一人でいることが
予想される場合は、病院まで自力で行くことができるかどうかも

 

頭にいれておくといいですね。

 

 

分娩方法や病院の方針、費用

 

産院によって分娩方法や方針は様々です。

 

分娩方法についてはこちらをどうぞ

 

自然分娩、誘発分娩、無痛分娩、会陰切開、
旦那さんの立ち会いができるかどうかなど、

 

産院それぞれに方針やスタイルがありますので、
いろいろな産院を見比べてみるといいですね。

 

 

立ち会い出産についてはこちらで詳しく説明しています

 

 

母子同室か別室かも産院によって違いますので、
事前にチェックしておきましょう。

 

別室だとママは充分に休養できるのが魅力ではありますが、
一般には、同室のほうが母乳の出がよくなり、退院してからの

 

授乳がスムーズだと言われています。

 

 

健診費用や入院費用にも違いがあります。

 

民間や私立の病院よりも、国・公立の病院の方が安く、
助産院ではさらに安い場合もあります。

 

 

個室の利用や立ち会い出産、夜間・休日のお産など、
プラス料金が発生しますので、料金体制も要チェックです!

 

 

病院の評判・口コミ

口コミ

 

 

初めての妊娠で、産婦人科にかかること自体が
初めての方も多いと思います。

 

自分が通っている産院がいいのか悪いのか知りたいですよね。

 

 

そこで活躍するのが、ネットの病院口コミサイトです。

 

実際に体験した人の感想を知ることができて、とても参考になります。

 

ちなみに私はこのサイトをよく見ていました
ウィメンズパーク 〜日本最大級の女性の口コミサイト〜

 

 

さらに病院を詳しく知りたい方は、実際に見学に行ってみましょう!

 

病院の雰囲気、スタッフの対応、施設などを自分の目で確認し、
納得して病院を決めるのが一番です☆

 

 

 

 

 

ちなみに私は、妊娠したかも?と思い最初に行ったのは
自宅から一番近い個人の産婦人科です。

 

すごく優しいおじいちゃん先生と、おばあちゃん看護師さんが
対応してくれました。

 

しかし、先生が高齢のため、分娩はやっていないとのこと
でしたので、次に自宅から近い個人の産婦人科に行ってみました。

 

 

すると、「太りすぎで出産にリスクがあるのでうちでは診られない」
と言われてしまいました( ;∀;)

 

 

そしていろいろ病院を探した結果、実家から歩いて行ける距離の
産科専門病院に落ち着きました。

 

ここでは、「リスクっていうほどじゃない」と言ってもらえ、安心しました。
ただ、体重増えすぎないように注意しようとは言われましたが(^^;)

 

ということで予定日ちょい前から、産後1ヶ月ぐらいは実家で
お世話になることに。

 

実家と自宅は車で30分くらいの距離なんですけどね(・´з`・)

 

私がこの病院に決めた理由は、緊急時にも対応できる設備、
先生やスタッフの対応が丁寧、立ち会いができる、

 

自然分娩、母子同室、母乳育児をすすめていて、
指導も丁寧ということ。

 

そして何より、地元の友人がこちらで出産していて、
いろいろと情報をくれ、私もここで産みたいと思ったからです。

 

どんな病院かしっかり把握しておくことで、安心して
出産することができました。

 

 

人それぞれ病院選びで重視するポイントは違うと思いますので、
自分に合った産院で安心して出産に臨めるといいですね♪

 


スポンサードリンク

関連ページ

両親や友人、職場への妊娠報告
妊娠の報告は、誰にどのタイミングですればいいのか悩みどころですよね。両親、友人、職場など、どうやって報告するのか、いくつか例を集めててみましたので参考にしていただければと思います。
自治体での妊娠届の提出と母子手帳の交付
妊娠がわかったら、各自治体で妊娠届を提出し、母子手帳(母子健康手帳)の交付を受けます。母子手帳は、妊娠中はもちろん、出産後も子供の成長を記録することができます。また、助成券なども付いているので、大いに活用しましょう♪
妊娠中の生活や出産の計画を立てる
妊娠期間は長いようで短く、あっという間に過ぎてしまいます。人生で何度も経験できるものではないので、あとで後悔しないように、妊娠が分かったら、妊娠中どう過ごすか、どんな出産がしたいか計画を立てましょう。
母親学級や両親学級で妊娠・出産の知識を身につける
初めての妊娠・出産の不安や疑問を解消できる母親学級や両親学級を利用しましょう。妊娠・出産・育児の基礎知識を身につけることはもちろん、ママ友を作ったり、情報交換をするのにも役立ちます。
妊娠したら子供の教育資金や学資保険のことを考える
妊娠して子供を授かったときに、子供の将来を考えていかないといけません。その一つに教育資金の確保があります。現在、日本で人気の教育資金確保に学資保険というものがありますが、それはどういったものなのでしょうか。
妊娠中の方必見!話題の無添加「ベルタ葉酸サプリ」とは?
葉酸は妊娠中だけでなく、妊活中、産後も摂りたい栄養素です。食品から摂取するのは難しいため、厚生労働省も、サプリメントでの摂取を薦めています。特に今、妊娠情報誌などで話題の「ベルタ葉酸サプリ」がおすすめで、妊娠中の方は必見です!
胎教や語りかけでおなかの赤ちゃんと【きずな】をつくる
妊娠が分かった時点から赤ちゃんとの時間は始まっています。胎教や語りかけを積極的にしておなかの赤ちゃんとのコミュニケーションを楽しみながら絆を深めていきましょう。

ページTOPへ

サイトTOPへ