おなかの赤ちゃんと【きずな】をつくる

胎教や語りかけでおなかの赤ちゃんと【きずな】をつくる

胎教や語りかけでおなかの赤ちゃんと【きずな】をつくる

 

 

おなかの赤ちゃんに対して、私たち親は何をしてあげることができるのでしょうか。

 

まずは、ママ自身が心穏やかに過ごすことが大切です。

 

 

胎教という言葉自体、以前に比べてよく聞く様になりました。

 

しかし、一般的な胎教と言えばクラシックなどマタニティに良い音楽を聴くといったところが
一般的な胎教の認識ではないでしょうか。

 

もちろん知育的な面で見ても、それはそれで間違いではないのですが、
それは胎教の一環にしか過ぎず、

 

本当に大切なことは、おなかの中で赤ちゃんが安心して成長していけるよう
ママが妊娠期を心穏やかに過ごすことなのです。

 

 

その為には、無理をしたり余計な不安を感じなくてすむように、家族の協力を得ることが重要となってきます。

 

妊娠中にできる赤ちゃんへの働きかけとして重要なものに、
おなかの赤ちゃんと両親、家族とのコミュニケーションがあります。

 

 

胎教の中で、最も重要だと思う部分がこの、お互いの心を育む親子の絆作りの時間です。
おなかの赤ちゃんへの気持ちを、ひとつひとつ伝えていくことが、この時期の重要なコミュニケーションとなります。

 

 

 

優しい語りかけで語彙が豊かになる

ママ、パパのさまざまな気持ちや、赤ちゃんへの愛情をおなかにいる時から たくさん言葉にして伝えられてきた赤ちゃんは、 早い時期から多くの語彙を獲得できると言われています。 そのため、平均的な時期より早くしゃべり始める傾向にあり、 語彙の豊かな子供に成長していく事でしょう。 おなかに向かって「みんな待ってるからね」といったように、赤ちゃんが生まれることを楽しみにできるような やさしい言葉をかけてあげましょう。 この時に、おなかの赤ちゃんの事を心の中で想うと同時に、直接赤ちゃんをイメージしながら 話しかけていくことも大切です。

胎動を利用して対話してみよう

胎動が始まってくると、おなかの赤ちゃんと対話を楽しむこともできるようになります。 胎動が激しくなると、しばしば赤ちゃんは痛いくらいおなかの壁をキックします。 それを利用して「〇なら1回、×なら2回おなかをトントンしてみてね」など 赤ちゃんに向かって話しかけてあげましょう。 私の場合、赤ちゃんが元気すぎて胎動がものすごく激しく、 夜も眠れないほどでした(;´・ω・) それでも胎動が全然ないと元気がないのではないかと心配になるので その胎動を利用して「今日も元気だね〜」などと話しかけていたら おなかを蹴って返事をしてくれたんです。 そういったコミュニケーションで親子の絆を深めるのはとても大事なことだと思います。

赤ちゃんに語りかける話題はマイナスな事は避けよう

おなかの赤ちゃんに、親の気持ちを伝えることは大事ですが だからと言って、何でも言って良いわけではありません。 「最初は女の子がいいな、女の子に生まれてきてね」 などと言ったところで、その通りにならない事もあります。 そんな赤ちゃんは生まれる前にマイナスの荷物を持ってしまうことになります。 なぜなら赤ちゃんは、敏感に親の落胆を感じ取ってしまうからです。 赤ちゃんに、無用なプレッシャーやストレスがかかってしまう話題は避けた方が賢明ですね。
スポンサードリンク

関連ページ

産院の選び方で大事なポイントやタイミング
妊娠・出産でとても重要な産院の選び方について、ポイントやタイミングなどまとめたページです。一言に産院といっても、病院の種類や料金、方針もそれぞれ違うので、自分に合った産院を慎重に選びたいですね。
両親や友人、職場への妊娠報告
妊娠の報告は、誰にどのタイミングですればいいのか悩みどころですよね。両親、友人、職場など、どうやって報告するのか、いくつか例を集めててみましたので参考にしていただければと思います。
自治体での妊娠届の提出と母子手帳の交付
妊娠がわかったら、各自治体で妊娠届を提出し、母子手帳(母子健康手帳)の交付を受けます。母子手帳は、妊娠中はもちろん、出産後も子供の成長を記録することができます。また、助成券なども付いているので、大いに活用しましょう♪
妊娠中の生活や出産の計画を立てる
妊娠期間は長いようで短く、あっという間に過ぎてしまいます。人生で何度も経験できるものではないので、あとで後悔しないように、妊娠が分かったら、妊娠中どう過ごすか、どんな出産がしたいか計画を立てましょう。
母親学級や両親学級で妊娠・出産の知識を身につける
初めての妊娠・出産の不安や疑問を解消できる母親学級や両親学級を利用しましょう。妊娠・出産・育児の基礎知識を身につけることはもちろん、ママ友を作ったり、情報交換をするのにも役立ちます。
妊娠したら子供の教育資金や学資保険のことを考える
妊娠して子供を授かったときに、子供の将来を考えていかないといけません。その一つに教育資金の確保があります。現在、日本で人気の教育資金確保に学資保険というものがありますが、それはどういったものなのでしょうか。
妊娠中の方必見!話題の無添加「ベルタ葉酸サプリ」とは?
葉酸は妊娠中だけでなく、妊活中、産後も摂りたい栄養素です。食品から摂取するのは難しいため、厚生労働省も、サプリメントでの摂取を薦めています。特に今、妊娠情報誌などで話題の「ベルタ葉酸サプリ」がおすすめで、妊娠中の方は必見です!

ページTOPへ

サイトTOPへ