分娩の際の呼吸法をマスターしよう

陣痛・腰痛を和らげる分娩の際の呼吸法をヨガでマスターしよう

陣痛・腰痛を和らげる分娩の際の呼吸法をヨガでマスターしよう

yoga-top

出産で最も大切なのは、呼吸法です。

 

分娩の際にお母さんが体を強張らせてしまうと、
呼吸が浅くなってしまい、
その結果赤ちゃんに十分な酸素を送ることができなくなってしまいます。

 

赤ちゃんは、苦しみながら狭い産道を通ってくるのに、
お母さんから酸素を貰えないと余計に苦しくなってしまいます。

 

お母さんが少しでもリラックスしていることが
母体の体力の消耗を抑えることと、赤ちゃんの順調な回旋に繋がります。

 

陣痛の最中は痛みに耐えることができず、
声を出してしまうことがあるかもしれません。

 

しかし陣痛には波があります。

 

陣痛と陣痛の間には体の力を抜き、
好きな音楽や痛みが和らぐ体制を見つけ、リラックスしましょう。

 

 

呼吸法をヨガでマスターしよう

そして、呼吸法をマスターするために
是非実践して頂きたいのが「マタニティヨガ」です。

 

マタニティヨガのメリットは3つあります。

 

@自宅で気軽に出来る

マタニティスイミングも同じような効果がありますが、
自宅で出来るマタニティヨガは外出の必要もありませんし、
自分の好きな時に実践できます。

 

大きなお腹を抱えて遠くまで出かけるのは大変という方も、
上のお子さんがいるので外出しづらいという方も、
やり方さえ覚えてしまえば、朝やろうが夜やろうが時間は関係ありません。

 

A妊娠中の腰痛の改善

大きくなっていくお腹を庇う体制になるため、妊婦さんに多いのが腰痛です。

 

妊娠していない頃はマッサージに通っていたという方も、多いのでは?
妊婦さんのマッサージを受け入れてくれるお店はそう多くありません。

 

あったとしても、お腹が大きい妊娠後期は
お断りをされてしまう場合もあります。

 

自宅でケアすることで体の筋肉を伸ばし、
血液の循環を良くすることで腰への負担を減らすことが望ましいです。

 

B分娩時の痛みの緩和

マタニティヨガで開脚をしたり、
股関節を柔らかくしたりすることで、出産の疑似体験が出来ます。

 

出産は両足を左右に開き行うものですから、
いざという時に体が固くてはお母さんの体に負担がかかってしまいます。

 

また、ヨガで行う深い呼吸が出産では必要です。
繰り返し行うことで、イメージを掴んでおくのがよいでしょう。

 

 

このように、マタニティヨガを実践することで、
出産には大きなメリットが生まれます。

 

書店あるいは病院に
マタニティヨガの参考となる本が置いてあるので、実践してみましょう。


スポンサードリンク

関連ページ

出産前に準備するもの退院後に必要なもの
初めての出産で、準備するものや必要なものにはどんなものがあるのでしょう? 陣痛がきてから慌てて用意しなくてもいいように、出産前の準備や退院後に必要なものをまとめました。
新生児の睡眠と生活リズムの関係
生まれたばかりの赤ちゃんは一日のほとんどを寝て過ごし、起きたら授乳とオムツ替えのくり返しです。そんな赤ちゃんの睡眠と生活リズムの関係についてお話していきますね。
妊娠後期特有の症状と対策
妊娠後期になり、赤ちゃんとのご対面ももう少しですね。しかしまだ油断はできません。引き続き体重管理をしかっりしながら、この時期特有の症状である後期つわり、むくみなどにも気をつけなければなりません。
妊娠中のトラブルと対策について知ろう!
妊娠中の女性の体には様々な変化があらわれ、便秘や妊娠線などトラブルもつきものです。マタニティーライフを楽しむためにも、対策を知っておきましょう。
生後2ヶ月になったら予防接種を受けさせよう
1ヶ月健診が終わったら、かかりつけ医と相談して予防接種のスケジュールをたてましょう。早めに接種しておくことで赤ちゃんに免疫をつけることができます。特に、保育園などの集団生活をするなら同時接種で早くから免疫をつけておくことが好ましいですね。

ページTOPへ

サイトTOPへ