生後2ヶ月からの予防接種

生後2ヶ月になったら予防接種を受けさせよう

生後2ヶ月になったら予防接種を受けさせよう

赤ちゃんの予防接種

 

赤ちゃんは生後2ヶ月から予防接種を受けることができます。

 

母子手帳のページにはたくさんの感染症の名前や
注射の回数が記載されています。

 

いずれは赤ちゃんを連れて行かなければなぁと身構えているお母さんも多いことでしょう。
ここでは、赤ちゃんの予防接種についてのポイントをお話していきます。

 

ポイント@摂取する病院を決める

 

予防接種の方針は病院によって違いがあります。

 

同時接種を行う病院もあれば、同時接種を行わない病院もあり、
医師の考え方に因るものであり、双方にメリット・デメリットがあります。

 

例えば同時接種を行うメリットとしては、通院する回数が減るのは勿論ですが、
赤ちゃんに早い時期から免疫を与えることができるというのがあります。

 

同時接種をしたからといって、単独で接種するのに比べて
効果が薄いといったこともありません。

 

早期に仕事に復帰を予定しているお母さんには、1度の通院で
まとめて接種を終えられるのでメリットが大きいでしょう。

 

 

一方単独接種ですが、任意接種のものも含めると、赤ちゃんが1歳までに
接種しなければいけないワクチンは15回以上になります。

 

その都度病院に通うのが大変!と思う方もいるでしょうが、副反応が起きた際に
どのワクチンの影響なのかを素早く判断できるのが単独接種のメリットと言えるでしょう。

 

自宅から近い病院だからと安易に決めるのではなく、まずは医師や看護士と
予防接種のスケジュールについて相談をしてみるのも良いと思います。

 

 

ポイントAどのワクチンを、いつ接種するか

 

最も早い2ヶ月のうちから接種できるのは、「ヒブ」「肺炎球菌」「ロタ」「B型肝炎」の4つです。

 

これらは赤ちゃんがかかると重症化しやすく命にかかわることもあるため
できるだけ早く接種し、免疫をつけておくことが望ましいです。

 

ヒブと肺炎球菌は同時に接種されることが多いです。

 

スケジュールを組む時に確認しておきたいのは、「BCG」のように集団接種で行われる予防接種です。
地域によって個別接種の場合もあります。個別接種なら同時接種が可能です。

 

集団接種は当然ながら受けられる日付が限られてきます。
この日に赤ちゃんが風邪を引いてしまうと、次の開催日まで待たなくてはなりません。

 

一方で生後○ヶ月の間までに受けないと有料になる、といった自治体もあるので注意しましょう。

 

更に、自治体の制度が変わって、それまで有料だった予防接種が公費負担、
即ち無料になることもあります。

 

集団生活をしない赤ちゃんであれば、有料の時期に敢えて接種せず、
無料になってから接種を行うこともできます。

 

いずれにせよ病院側では自治体の制度の変更等も把握してますので、
不安になったらすぐ質問をしましょう。

 

 

予防接種スケジュール 

 

 

 

 

ポイントBスケジュール通りにいかなくても落ち込まない

 

どんなに親が完璧なスケジュールを組んでも、赤ちゃんが風邪をひいてしまったり、
具合が悪かったら接種を受けることはできません。

 

もし赤ちゃんの風邪等でスケジュールがずれ込んでしまっても、
お母さんは落ち込む必要はありません。

 

突発的な出来事でスケジュールが変わってしまう家庭は、たくさんあります。

 

むしろスケジュールが変わっても対応できるよう余裕のある行動を心がけましょう。

 

1歳までに受けなければならない予防接種を完了するには、
同時接種にすると安心ですね。

 

 

 

 


スポンサードリンク

関連ページ

陣痛・腰痛を和らげる分娩の際の呼吸法をヨガでマスターしよう
分娩の際に、最も重要とされているのが呼吸法です。呼吸法がしっかりとしていれば赤ちゃんにもママにも良い効果があります。そんな呼吸法をマタニティヨガでマスターしましょう。
出産前に準備するもの退院後に必要なもの
初めての出産で、準備するものや必要なものにはどんなものがあるのでしょう? 陣痛がきてから慌てて用意しなくてもいいように、出産前の準備や退院後に必要なものをまとめました。
新生児の睡眠と生活リズムの関係
生まれたばかりの赤ちゃんは一日のほとんどを寝て過ごし、起きたら授乳とオムツ替えのくり返しです。そんな赤ちゃんの睡眠と生活リズムの関係についてお話していきますね。
妊娠後期特有の症状と対策
妊娠後期になり、赤ちゃんとのご対面ももう少しですね。しかしまだ油断はできません。引き続き体重管理をしかっりしながら、この時期特有の症状である後期つわり、むくみなどにも気をつけなければなりません。
妊娠中のトラブルと対策について知ろう!
妊娠中の女性の体には様々な変化があらわれ、便秘や妊娠線などトラブルもつきものです。マタニティーライフを楽しむためにも、対策を知っておきましょう。

ページTOPへ

サイトTOPへ