出産・退院の準備

出産前に準備するもの退院後に必要なもの

出産前に準備するもの退院後に必要なもの

syussannjyunnbi

出産間近の妊婦さんには、用意しなければならないものがたくさんあります。

 

ここでは入院と退院後に分けて説明していきます。

 

 

 

出産前に準備するもの

  • 病院の診察券
  • 健康保険証
  • 母子手帳
  • 洗面道具
  • 生理用品
  • バスタオル
  • パジャマ

妊娠8ヶ月頃から準備を始めましょう。

 

病院からも、いつでも入院できるような準備を
と指示があるはずです。

 

パジャマは自分で持参する病院もありますが、
病院指定のパジャマを着るよう指示する病院もあります。

 

 

実際のところ、産後は出血もありますし、赤ちゃんの
嘔吐物が服にかかってしまったりと着替える回数が多くなります。

 

病院のパジャマでしたらお金を払えば何度でも着替えられますし、
洗濯も病院にお願いできます。

 

自分の慣れ親しんだパジャマでいたい人もいるでしょうが、
洗濯物が増え持って帰ったり自分で洗う手間が増えてしまいます。

 

 

産後の疲れた体で色々動くのは大変でしょうから、
お金をケチらず楽をするのが良いかもしれません。

 

 

また、これ以外に入院に必要な書類を渡されたり、
精算の時に捺印を求められる場合があります。

 

病院から持ち物リストを渡されると思いますので、全て荷物の中に入れておきましょう。

 

陣痛が始まってから慌てて準備なんてことにならないように(*´▽`*)

 

 

退院後に必要なもの

  • おむつ
  • ミルク
  • お尻拭き
  • 肌着等赤ちゃんの服
  • ガーゼハンカチ
  • 母乳関連グッズ(消毒綿、授乳しやすい下着等)

 

産まれたばかりの赤ちゃんはまだ母乳やミルクを上手く飲むことができず、
吐いてしまうこともしばしば。

 

ガーゼと肌着はたくさん用意しておくのが望ましいです。

 

 

特に夏は洗えばすぐ乾きますが、冬は時間がかかりますので、
洗い替えのことも考えて用意しましょう。

 

 

 

おむつは病院から支給される分もあるでしょうし、
お祝いで頂くこともあるかもしれません。

 

新生児用オムツは4〜5キロの時がサイズアップの目安になります。

 

大きめで生まれた赤ちゃんはすぐサイズアップしますので、
いくら消耗品とはいえ買いすぎには注意しましょう。

 

 

家族で買いに行ける人がいるのであれば、
少し在庫が減ってきたなあと思うタイミングで買い足しても間に合います。

 

 

また母乳育児のお母さんは乳房のケアも必要です。

 

乳房の保湿や保護を目的とした専用のクリームもありますので、
入院中に病院からアドバイスをもらいましょう。

 

授乳クッション等もおすすめです。


スポンサードリンク

関連ページ

陣痛・腰痛を和らげる分娩の際の呼吸法をヨガでマスターしよう
分娩の際に、最も重要とされているのが呼吸法です。呼吸法がしっかりとしていれば赤ちゃんにもママにも良い効果があります。そんな呼吸法をマタニティヨガでマスターしましょう。
新生児の睡眠と生活リズムの関係
生まれたばかりの赤ちゃんは一日のほとんどを寝て過ごし、起きたら授乳とオムツ替えのくり返しです。そんな赤ちゃんの睡眠と生活リズムの関係についてお話していきますね。
妊娠後期特有の症状と対策
妊娠後期になり、赤ちゃんとのご対面ももう少しですね。しかしまだ油断はできません。引き続き体重管理をしかっりしながら、この時期特有の症状である後期つわり、むくみなどにも気をつけなければなりません。
妊娠中のトラブルと対策について知ろう!
妊娠中の女性の体には様々な変化があらわれ、便秘や妊娠線などトラブルもつきものです。マタニティーライフを楽しむためにも、対策を知っておきましょう。
生後2ヶ月になったら予防接種を受けさせよう
1ヶ月健診が終わったら、かかりつけ医と相談して予防接種のスケジュールをたてましょう。早めに接種しておくことで赤ちゃんに免疫をつけることができます。特に、保育園などの集団生活をするなら同時接種で早くから免疫をつけておくことが好ましいですね。

ページTOPへ

サイトTOPへ