いよいよ出産!陣痛・分娩でオススメのアイテム

いよいよ出産!その時どうする?陣痛・分娩でオススメのアイテム

いよいよ出産!その時どうする?陣痛・分娩でオススメのアイテム

陣痛マッサージ

 

お産のスタートのタイミングは、「陣痛」「破水」「おしるし」のいずれかです。

 

このうち妊婦さんの心と体を悩ませるのが陣痛です。
初産婦は10分おき、経産婦は15分おきになったら本格的なお産開始です。

 

ここでは陣痛開始から分娩に至るまでにお勧めしたいアイテムや、
陣痛を乗り切る方法について紹介します。

 

 

 

【陣痛アプリ】

 

スマートフォンユーザーの方は必見です!

 

陣痛開始と陣痛終了の2回ボタンを操作するだけで、
陣痛の間隔を計測し記録してくれるアプリです。

 

これだとどんなにお腹が痛くなっても操作は簡単ですし、病院に着いたら助産師さんに
携帯電話を見せるだけで状況が分かります。

 

時計とにらめっこしながら紙に書く必要はありませんし、紙に書けたとしても
携帯電話の方が記録はより正確ですし手間もかかりません。

 

ただし、医療機関によっては施設内での携帯電話の使用を嫌う所もあるかもしれませんので
事前に確認してみてください。

 

 

 

【マッサージ】

 

テニスボールをお尻に当てて陣痛を乗り切った!という話を聞いたことはありませんか?

 

腰や肛門をボールで押すと痛みが和らぐとして、入院準備の時に用意をされた方もいるでしょう。

 

人によって痛い場所、陣痛が楽になる方法は違いますが、共通して言えることは
やはりマッサージは陣痛を和らげる効果があるということです。

 

私は陣痛がピークの時には腰が痛く、助産師さんに腰からお尻のあたりを撫でてもらうことで
陣痛を乗り切りました。

 

陣痛室には付き添いの夫もおり、助産師さんが巡回で他の部屋に行っている時は
夫にマッサージを頼んだのですが、同じような動きをしているはずなのに、全然楽にならない(=_=)

 

何もしないよりはいいのですが、早い段階で助産師さんから夫にマッサージのやり方を
伝授してもらえば良かったと、後悔しました。

 

助産師さんが付きっ切りで対応できないことも想定し、付き添いの家族に
マッサージをマスターしてもらうことは非常に大事です。

 

 

 

【呼吸法】

 

陣痛が来たら、ゆっくり長く呼吸をすることに集中しましょう。

 

呼吸のやり方に集中していると、意識が痛みとは別の方に行きますので、少し楽になります。

 

時間が経てば立つほど1度の陣痛の時間は長くなりますので、呼吸に集中し続けるのが
辛くなるかもしれません。

 

そんな時はテンポがゆっくりめの歌を思い浮かべましょう。
童謡でも演歌でもクラシックでも何でも構いません。

 

「痛い」と叫んだところで、陣痛は楽になるどころか余計痛いだけなので、なるべく省エネで過ごしましょう。

 

 


スポンサードリンク

関連ページ

妊娠・授乳には赤ちゃんにも安心のウォーターサーバーが便利!
妊娠中に気になることといえば、口にするものですよね。その中でも、身近な「水」は特に気になりませんか?水道水では安全性が心配だし、ミネラルウォーターを買ってくるのは重いし、空きボトルもかさばって邪魔ですよね。思い切ってウォーターサーバーにしてみるのはどうですか?
お買い物はママに人気の食材宅配サービスを上手に活用
つわりで買い物に出掛けるのが辛い、お腹が大きくなると重い買い物袋を抱えて帰るのが大変!でも買い物に行かないと食事が作れない。そんな時は、ママに人気の食材宅配サービスを利用しましょう。ネットで簡単に注文できて、自宅まで届けてくれます♪
妊娠中から授乳中まで安心して飲める人気のたんぽぽコーヒー
コーヒー好きな人もそうでない人も必見!妊娠中から授乳中、子供にも安心なノンカフェインのたんぽぽコーヒー「ぽぽたん」で癒しのひと時を♪ママに人気のたんぽぽコーヒーとは?
イメージトレーニングでよい子を育む
イメージトレーニングといっても特別なことをする必要はまったくありません。お産や赤ちゃんについてさまざまな空想を広げることが、そのままイメージトレーニングとなるのです。

ページTOPへ

サイトTOPへ