初めての妊娠・出産

妊娠期の食事はくすりと食品添加物に注意

妊娠期の食事はくすりと食品添加物に注意

妊娠期の食事はくすりと食品添加物に注意
妊娠中に出前やファーストフードばかりで栄養が偏ってしまうと、おなかの赤ちゃんは体だけでなく、脳も十分に発育することができなくなってしまいます。

 

たっぷりの栄養で十分に発達した脳を
これでは、出産後どんなに一生懸命に知育教育などを知的な取り組みをしても、効果は出にくいでしょう。たっぷりの栄養をもらって十分に発育した脳を持つ赤ちゃんたちとは、スタートで差がついてしまうのですから。スタート地点がゼロだとすれば、お母さんが栄養バランスの悪い食生活を続けていた子はマイナスからの出発となってしまいます。おなかの赤ちゃんにバランスの取れた十分な栄養素をあげるためには、やはり日本人の体に合った食事、和食を中心としたメニュー作りがオススメです。特に意識的にとっていただきたいのが、「まごわやさしい」といわれる食品群。これらを豊富に含む食事は、年代を問わず非常に健康に良いものです。また、妊娠中のくすりの影響については知られていますが、意外に無関心なのが食品添加物の危険性について。特に妊娠初期には、薬と同様に食品添加物もおなかの赤ちゃんに多大な影響を与えます。

 

あなどれない食品添加物の危険性
食品添加物は気づかずに体の中に入ってしまうものなので、年間でトータルすると、その摂取量は膨大なものになります。妊娠中に薬をまったく飲まなくても食品添加物から同じような悪影響を知らず知らずのうちに受けてしまうこともあるのです。栄養バランスに気を配るのと同じく、食品添加物についての知識を持ち、その食品に含まれている添加物に注意を払うようにしましょう。なるべく添加物・脳や鵜などの心配のない自然なものを調理するのが一番です。安全な食べ物を選ぶための知識は、出産後、子どもの食事作りが始まってからも大変役立ちます。特に、食生活については、妊娠初期こそ大切にしてほしいと思います。赤ちゃんの体の重要な部分が通られる時期なのですから。

スポンサードリンク

ページTOPへ

サイトTOPへ