食べて治す妊娠前期のつわり・貧血

つわりと貧血は食べて治す〜妊娠前期〜

つわりと貧血は食べて治す〜妊娠前期〜

食べて治すつわり貧血

 

妊娠中は、体の変化によってさまざまな不快症状が起こることがありますよね。
とくにあげられる不快症状として「つわり」「貧血」があります。

 

 

ビタミンB群でつわりに対処する

 

つわりの原因のひとつに、ビタミンB群の中の「葉酸」不足が挙げられます。

 

ビタミンB群は、体内で酵素の働きを助ける「補酵素」として働いてくれる大切な栄養素で
体の細胞分裂を手助けする役割も果たしています。

 

すさまじいスピードで細胞分裂を繰り返して、赤ちゃんの体がどんどん形成されていく
妊娠前期には、特に葉酸が必要だといえます。

 

 

ビタミンB群は、玄米など日本人が昔から食べてきた食品に多く含まれています。

 

玄米ご飯に豆腐とワカメの味噌汁、魚の煮付けなどの和食の定番と呼ばれるメニューが、
実はビタミンB群をしっかりと摂取できる理想的な食事なのです。

 

 

 

貧血にも食の改善が効果的

 

妊娠前期に起こる貧血は、しっかり対応しないと赤ちゃんに
十分な栄養が送れなくなってしまいます。

 

 

貧血の改善は、鉄分を多く含んだ食品を食べるというのは一般的ですが、
それだけでは不十分なのです。

 

鉄分を吸収するために必要なビタミンAも一緒に摂ることが必要になってきます。

 

ビタミンAは、レバー類やほうれん草などに多く含まれています。

 

ちょっとした食の改善で不快症状をやわらげることができますので、
是非みなさんも試してみてくださいね。

 

 

 

 

 


スポンサードリンク

関連ページ

妊娠初期の辛い症状である食べづわりは太るの?注意点をまとめました
妊娠初期の症状として知られる「つわり」。食べ物をみると気持ち悪くなってしまう「吐きづわり」と逆に、食べていないと気持ち悪くなる「食べづわり」があります。今回はあまりよく知られていない食べづわりの注意点をあげていきます。
食べづわりを乗り切る!注意点と対策
妊娠初期の「つわり」の中でも人によって症状は様々です。このページでは食べづわりに注目して、その注意点と対策についてお話していきます。
妊娠中のお酒・タバコについて
妊娠したら、まずは禁酒・禁煙を心掛けましょう。妊娠中のお酒とタバコが母体や胎児にどんな影響を及ぼすのか詳しく説明していきます。
妊娠中の薬の服用とサプリメントの摂取について
妊娠中の薬やサプリメントの摂取には注意が必要です。特に妊娠初期は、赤ちゃんに影響しやすいので、必ず医師に相談の上、妊婦でも飲める薬を処方してもらうといいですね。
妊娠中の食事についての注意点
お腹の赤ちゃんのために、妊娠中の食事には気をつけたいことが意外とたくさんあります。好きな物を好きなように食べられないのは辛いですが、バランスのいい食事を心掛けましょう。
妊娠中の日常生活での注意点とは?
妊娠したら今まで通りの生活というわけにもいきません。なにしろお腹の中に赤ちゃんがいるんですから。運動や家事、外出時の注意点などをまとめてみました。赤ちゃんとママの健康を第一に心がけてくださいね。
妊娠中のコーヒー・紅茶などのカフェインの摂取について
妊娠中に気をつけなければならないコーヒー・紅茶などのカフェインの摂取についてのページです。カフェインがなぜいけないのか、赤ちゃんにどんな影響を与えるのか、適量はどのくらいなのかなど詳しく説明していきます。

ページTOPへ

サイトTOPへ