妊娠中の食事の注意点

妊娠中の食事についての注意点

妊娠中の食事についての注意点

妊娠中の食事

 

ママが食べたものは、赤ちゃんに直接届くと思えば妊娠中の食事も
気をつかうようになりますよね。

 

できるだけ赤ちゃんにいい食べ物をとって、よくないものは
避けたいですよね。

 

 

「あれがいい」「これが悪い」といろいろな情報がありすぎて、
結局何がいいのか分からなくなってしまいますが、

 

大事なのは「いろいろな種類の食品をまんべんなく摂ること」で、
「バランス」が大切だということです。

 

 

とは言っても、注意点はありますので、ご紹介しておきますね。

 

 



 

コスモウォーターならレンタル無料

 

 

お腹の赤ちゃんにいいとされる食品

 

豆類

 

豆類には、赤ちゃんの成長に欠かせないタンパク質や、
ママの体にとってもいい繊維質や鉄分も多く含まれています。

 

鉄分は赤ちゃんに酸素を運ぶ赤血球を作り出す重要な働きをしています。

 

 

緑葉色野菜

 

ほうれん草やブロッコリー、ケールなど緑色の野菜は、ビタミン類や
鉄分も含んでいるので、毎日大きなボウル1杯食べるのが理想です。

 

 

食事の最初に食べる方が、消化吸収がよくなります。 

 

青汁なら毎日でも飲めるのでオススメですよ♪

 

野菜や青汁が苦手な方にはサプリメントでの摂取がいいと思います。

 

ベルタ葉酸サプリなら必要な栄養が取れます

 

 

 

卵には、妊娠中に必要なミネラルやビタミンなどの栄養成分が
含まれています。

 

さらに卵に含まれるクロリンという成分が、健康的な脳の発育
役立つとされています。

 

ただし、生卵の場合は卵が綺麗に洗浄されていない事があり、
殻についたサルモネラ菌に感染する恐れがあるので注意が必要です。

 

 

赤カブ

 

赤カブとその葉には、天然の葉酸と葉酸塩が含まれています。

 

葉酸は赤ちゃんの先天異常を回避するとともに、
流産のリスクも低くしてくれます。

 

 

ヨーグルト

 

ヨーグルトには良質のタンパク質とカルシウムが含まれています。

 

カルシウムは赤ちゃんの骨を形成するのに不可欠で、ママが
十分なカルシウムをとっていないと、胎児にカルシウムを

 

消費されてしまい、母体の骨密度や健康に影響します。

 

 

イチジク

 

他の果物に比べて繊維質が多く、カリウム、カルシウム、亜鉛、
鉄分も豊富に含まれています。

 

また、ビタミンBも多く含まれているため、つわり症状を
和らげる効果も期待できます。

 

 

精製していないもの

 

精製していないものには、ミネラルやビタミンが多く含まれ、
とても栄養があります。

 

 

妊娠中は便秘になりやすいので、白米を玄米や雑穀米にしてみるといいですね。
腸やお肌の調子をよくしてくれますよ。

 

 

精製されているものは、アレルギーの原因になるともいわれています。 

 

 

妊娠中に安心安全なお水が飲みたい方は、こちらもどうぞ

 

 

妊娠中に控えたほうがいいとされる食品

 

生肉

 

生肉や加熱不十分なお肉には、「O-157」「トキソプラズマ」
というウイルスに感染する可能性があります。

 

 

特に「トキソプラズマ」は、免疫を持たない妊婦が感染すると、
胎児に重い障害をのこす可能性があるといわれています。

 

 

生の魚介類

 

冬によく流行っている「ノロウイルス」は、感染力が強く、
下痢、嘔吐、発熱などの症状を引き起こします。

 

牡蠣、あさり、シジミなどの二枚貝に多いとされています。

 

加熱すると菌は死滅します。

 

妊娠中は免疫力が低下していてウイルスに感染しやすいので、
しっかりと加熱してから食べましょう。

 

 

他にも、日本人が大好きなマグロには、微量ですが
「メチル水銀」が含まれており、大量に摂取すると胎児の神経系の

 

発達に影響がでるといわれています。

 

妊娠中のマグロの摂取量は「週に1回80g」までが望ましいそうです。

 

 

チーズ、生ハム

 

ナチュラルチーズ(非加熱のチーズ)には、「リステリア菌」という
菌がいて、妊婦だと普通の人の20倍も感染しやすいといわれています。

 

 

妊婦が感染すると、胎盤を通して胎児に感染し、
早産や死産、新生児の髄膜炎などの原因になる可能性があるとされています。

 

 

症状はインフルエンザと似ていて、早い段階で抗生物質を摂取すれば
胎児への感染を防げます。

 

 

カマンベールチーズ、ブルーチーズ、生ハム、スモークサーモン
なども注意が必要です。

 

プロセスチーズなら、加熱してあるので食べても問題ありません。

 

 

ファーストフードやお菓子

 

ファーストフードやお菓子には、添加物が多く含まれていたり、

 

カロリーが高ので、食べ過ぎに注意しましょう。

 

妊娠中に控えたい食品

 

 

コーヒーや紅茶などのカフェインを含むものは、流産や早産、赤ちゃんの発育障害に
つながるといわれていますので、摂りすぎに注意しましょう。

 

妊娠中のカフェインの摂取については、こちらで詳しく説明しています。

 



 

母乳育児!ノンカフェインたんぽぽコーヒーが私の味方

 

 

妊娠中の体重管理

 

つわりが落ち着くと、急に食欲がわいてきて、ついつい食べ過ぎて
しまう方も多いと思います。

 

 

私はもともと太り気味だったので、妊娠中はかなり気をつけていましたが、
それでも臨月に入るとグングン体重が増え、プラス9sに!

 

出産しても3〜4sぐらいしか減らないので、あと5s落とすのは大変です。

 

みなさんも、妊娠中の体重管理にはくれぐれも気をつけてくださいm(__)m

 

 

「赤ちゃんの分まで」と食べ過ぎはダメ!

 

ママが食べたもの全てが赤ちゃんに吸収されるわけではありません。

 

一旦ママの体に蓄えられ、必要な分だけが胎盤を通過して
赤ちゃんに届くのです。

 

 

いくら普段より栄養が必要だからといって、食べ過ぎでしまっては
太りすぎになり、様々なトラブルの原因になります。

 

妊娠後期でも、一日の摂取カロリーは普段より350kcal
プラスするだけです。

 

 

太りすぎで起こるトラブル

 

妊娠糖尿病になると、お腹の赤ちゃんまで太り気味になり、
4000gを超える巨大児に。

 

帝王切開の確率も高くなりますし、体が大きいわりにひ弱で
内臓機能が未熟な赤ちゃんが産まれる可能性もあります。   

 

 

妊娠中毒症のリスクが高まり、放っておくと、胎盤の機能が
低下し、胎児に十分な酸素や栄養が送れなくなります。

 

早産や未熟児
の原因にもなり、母子ともに命にかかわることも。 

 

 

その他にも、

 

・太りすぎによって体重の負担が腰や膝に。

 

・産道に余分な脂肪がつくことで、赤ちゃんが下りてきにくい。

 

・子宮の収縮が弱くなり出産が長引く。

 

・産後の回復に時間がかかる。

 

・産後に腎臓病や高血圧など慢性的な病に移行してしまう

 

など、いいことはありません。

 

 

好きな物を好きな時に好きなだけ食べられないのは辛いですが、

 

お腹の赤ちゃんのために頑張ってみてください。

 

安心食材の宅配ならOisix



 

無理に我慢しすぎるとストレスになり、よくないので、
普段より少しだけでもいいので、食生活に気をつけてみてくださいね。

 


スポンサードリンク

関連ページ

妊娠初期の辛い症状である食べづわりは太るの?注意点をまとめました
妊娠初期の症状として知られる「つわり」。食べ物をみると気持ち悪くなってしまう「吐きづわり」と逆に、食べていないと気持ち悪くなる「食べづわり」があります。今回はあまりよく知られていない食べづわりの注意点をあげていきます。
食べづわりを乗り切る!注意点と対策
妊娠初期の「つわり」の中でも人によって症状は様々です。このページでは食べづわりに注目して、その注意点と対策についてお話していきます。
妊娠中のお酒・タバコについて
妊娠したら、まずは禁酒・禁煙を心掛けましょう。妊娠中のお酒とタバコが母体や胎児にどんな影響を及ぼすのか詳しく説明していきます。
妊娠中の薬の服用とサプリメントの摂取について
妊娠中の薬やサプリメントの摂取には注意が必要です。特に妊娠初期は、赤ちゃんに影響しやすいので、必ず医師に相談の上、妊婦でも飲める薬を処方してもらうといいですね。
妊娠中の日常生活での注意点とは?
妊娠したら今まで通りの生活というわけにもいきません。なにしろお腹の中に赤ちゃんがいるんですから。運動や家事、外出時の注意点などをまとめてみました。赤ちゃんとママの健康を第一に心がけてくださいね。
妊娠中のコーヒー・紅茶などのカフェインの摂取について
妊娠中に気をつけなければならないコーヒー・紅茶などのカフェインの摂取についてのページです。カフェインがなぜいけないのか、赤ちゃんにどんな影響を与えるのか、適量はどのくらいなのかなど詳しく説明していきます。
つわりと貧血は食べて治す〜妊娠前期〜
妊娠中の体の変化による不快症状として代表的な「つわり」と「貧血」の改善方法をご紹介します。

ページTOPへ

サイトTOPへ