妊娠中のお酒とタバコ

妊娠中のお酒・タバコについて

妊娠中のお酒・タバコについて

妊娠中の禁煙

 

 

「妊婦は禁酒・禁煙」というのはよく聞くと思いますが、

 

お酒とタバコがお腹の赤ちゃんに及ぼす影響とはどんなものでしょうか?

 

妊娠中にお酒が赤ちゃんにもたらす影響

 

 

妊娠中に摂取したアルコールは、胎盤を通過し、母体とほぼ同じ濃度の
アルコールが胎児の血中に送られます。

 

 

すると、胎児の血中濃度が過多になり、胎児アルコール症候群になります。

 

ママが飲んだアルコールがそのまま赤ちゃんに影響するのです。

 

 

慢性的に大量のアルコールを摂取し続けると、40%の割合で、赤ちゃんに、
発達障害や低体重、知的障害などの胎児異常が起こるそうです。

 

こうした影響は、特に妊娠初期に起こりやすく、日本酒なら2合、

 

ビールなら大瓶3本、ウイスキーなら8杯を毎日飲み続けていると

 

胎児性アルコール症候群になる可能性があるのだそうです。

 

 

とは言っても、お酒大好きのママにとっては禁酒は辛いですよね。

 

たまにの適量なら影響はないとのことですので、気分転換程度に
お酒を楽しむくらいなら大丈夫です。

 

 

私もごくたまに飲む程度でしたが、飲むなと言われると

 

飲みたくなってしまうんですよね(^^;)

 

ノンアルコールカクテルなどでなんとか凌ぎましたよ。

 

 

また、出産後も授乳期間中は飲酒は避けたほうがいいですね。

 

アルコールは母乳にでてしまうので、引き続き禁酒しましょう。

 

 

妊娠中の禁酒

 

 

妊娠中にタバコが赤ちゃんにもたらす影響

 

お酒よりも気をつけたいのがタバコです。

 

タバコに含まれるニコチンが血管を収縮させ、血液の流れを悪くし、

 

子宮の収縮が起こりやすくなります。

 

すると胎盤の機能が低下。

 

 

流産や早産、子宮内胎児発育遅延などの原因になります。

 

それに、胎児に必要な酸素や栄養がいかなくなるため、
低体重児や発育障害、早期破水などを起こす可能性もあります。

 

 

1日に16本以上タバコを吸う人は、そうでない人よりも

 

低体重児や早産が5倍高くなるというデータもあるそうです。

 

タバコにはニコチンの他にも、発がん物質も含まれるため、

 

赤ちゃんのためにも母体のためにも禁煙して下さい。

 

タバコの場合は、本数を減らすのではなく、完全に禁煙しましょう。

 

 

副流煙にも有害物質が含まれますので、かわいい我が子のために、
パパにも禁煙してもらうといいですね。

 

 

私の場合、たまたま旦那さんが禁煙を始めた時に妊娠が分ったので、

 

ちょうどよかったです。現在はまた吸いだしちゃいましたけどね(~_~;)

 

 

タバコもお酒と同様、母乳にでてしまうので、出産後も引き続き
禁煙をしましょう。

 

赤ちゃんがニコチンを体に入れてしまうと、不眠や不機嫌、嘔吐などの
急性ニコチン中毒症状が起こるといわれています。

 

 

ベルタ葉酸サプリなら必要な栄養が取れます



 

 


スポンサードリンク

関連ページ

妊娠初期の辛い症状である食べづわりは太るの?注意点をまとめました
妊娠初期の症状として知られる「つわり」。食べ物をみると気持ち悪くなってしまう「吐きづわり」と逆に、食べていないと気持ち悪くなる「食べづわり」があります。今回はあまりよく知られていない食べづわりの注意点をあげていきます。
食べづわりを乗り切る!注意点と対策
妊娠初期の「つわり」の中でも人によって症状は様々です。このページでは食べづわりに注目して、その注意点と対策についてお話していきます。
妊娠中の薬の服用とサプリメントの摂取について
妊娠中の薬やサプリメントの摂取には注意が必要です。特に妊娠初期は、赤ちゃんに影響しやすいので、必ず医師に相談の上、妊婦でも飲める薬を処方してもらうといいですね。
妊娠中の食事についての注意点
お腹の赤ちゃんのために、妊娠中の食事には気をつけたいことが意外とたくさんあります。好きな物を好きなように食べられないのは辛いですが、バランスのいい食事を心掛けましょう。
妊娠中の日常生活での注意点とは?
妊娠したら今まで通りの生活というわけにもいきません。なにしろお腹の中に赤ちゃんがいるんですから。運動や家事、外出時の注意点などをまとめてみました。赤ちゃんとママの健康を第一に心がけてくださいね。
妊娠中のコーヒー・紅茶などのカフェインの摂取について
妊娠中に気をつけなければならないコーヒー・紅茶などのカフェインの摂取についてのページです。カフェインがなぜいけないのか、赤ちゃんにどんな影響を与えるのか、適量はどのくらいなのかなど詳しく説明していきます。
つわりと貧血は食べて治す〜妊娠前期〜
妊娠中の体の変化による不快症状として代表的な「つわり」と「貧血」の改善方法をご紹介します。

ページTOPへ

サイトTOPへ