妊娠中のコーヒー紅茶などカフェインの摂取

妊娠中のコーヒー・紅茶などのカフェインの摂取について

妊娠中のコーヒー・紅茶などのカフェインの摂取について

妊娠中のカフェイン

 

妊娠中は「カフェインの含まれるコーヒーや紅茶を飲んではいけない」
というのはよく聞くと思います。

 

しかし、コーヒーや紅茶好きの人にとってはけっこう辛いですよね。

 

我慢することでストレスになってしまうようではママにも赤ちゃんにも
良くないですよね。

 

 

カフェインは摂りすぎるのが良くないだけで、全くダメなわけでは
ありません。適量を楽しむのはリラックス効果もあり問題ありません。

 

 

美味しいお茶やコーヒーには天然水を!


 

 

妊婦のカフェイン摂取はなぜいけないの?

 

カフェインには、流産、早産、低出生体重児の原因になる可能性が
あるとされています。

 

 

妊娠初期にコーヒーを1日4〜7杯飲む妊婦は流産や早産になる
可能性が2倍に、8杯以上飲む妊婦ではさらに高くなるといわれています。

 

 

また、妊娠中はカルシウムが普段より必要になりますが、カフェインを
摂取することによって、尿に流れ出やすくなります。

 

せっかくカルシウムを摂っても吸収されないのです。

 

さらに、鉄分の吸収の妨げにもなります。

 

 

ママが飲んだカフェインは、胎盤を通してほぼ同じ濃度のまま
胎児に送られます。

 

赤ちゃんは内臓の機能が未熟なため、カフェインを体内で分解して
排出することができません。

 

体に残ったカフェインが赤ちゃんに負担をかけ、発育障害などの
原因になるという説もあります。

 

 

カフェインは母体の血流を悪くするため、赤ちゃんに十分な
酸素や栄養が送られにくくなり、胎児が低酸素状態を起こし、

 

発育障害や死産につながると考えられているのです。

 

 

とはいっても、コーヒーを毎日大量に飲んでいる人でも
問題なく出産する人もいるでしょうし、全く飲んでいなかった人でも

 

何らかのトラブルが起きることもあるでしょう。

 

あくまで可能性の話で、はっきりした因果関係は分かっていませんが、
念のためにカフェインの大量摂取はひかえたほうが良さそうですね。

 

≪母乳育児を応援!≫ノンカフェインたんぽぽコーヒー



 

 

カフェインの摂取量はどれくらいまでなら大丈夫?

 

これまでの話を見ると、カフェインは恐ろしいと感じて
しまったかもしれませんが、適量を守れば大丈夫ですよ。

 

 

普段からコーヒーをよく飲む人に、妊娠したからコーヒーは
1滴も飲んではいけないというのは辛いですよね。

 

コーヒーを飲めないストレスからイライラや体調が悪くなって
しまっては、元も子もないですからね(^^;)

 

 

では、どのくらいまでなら摂取しても影響がないのでしょうか?

 

 

ある研究では、1日にカフェインの摂取量が100mgの人と比較して、

 

低出生体重児を出産するリスクを調べた結果、100〜199mgでは

 

20%高く、200〜299mgでは40%、300mg以上では50%

 

高くなる傾向にあることが報告されています。

 

 

「1日に100mg以内」(1〜3杯程度)のカフェイン摂取量ならば
問題ないとされていますが、気になるようならノンカフェインの

 

「たんぽぽコーヒー」などがオススメです。


 

 

コーヒーが飲みたいのに飲めない妊婦さんに人気で、むくみ解消や

 

産後の母乳の出をよくしてくれる効果もあります。

 

 

紅茶が好きな人には、ハーブティーもいいですが、妊娠中には
不向きなハーブティーもあるので、注意してください。

 

 

カフェインがどんなものに含まれているのか、表にまとめましたので
参考にしてみてくださいね。

 

 

カフェインが含まれる食品
カフェイン含有量

 

 

普段飲んでいるものばかりですね。

 

妊娠中の食事についてはこちらもどうぞ

 

授乳中のカフェインもひかえたほうがいい?

 

残念ながら、出産したらすぐにコーヒーや紅茶をたくさん飲んでいい
わけではなく、できるだけひかえた方が良さそうです。

 

 

カフェインは母乳に出てしまうので、それを赤ちゃんが飲むことにより、
機嫌が悪くぐずったり、落ち着きがなくなることがあります。

 

 

さらに、カフェインを摂取していない場合に比べ、乳幼児突然死症候群
発症する確率が高まるという報告もあります。

 

母乳育児!ノンカフェインたんぽぽコーヒーが私の味方



 

どうしても飲みたい場合は、授乳前に少し搾乳したり、授乳後の
一休み程度に少量にするといいそうです。

 

 


スポンサードリンク

関連ページ

妊娠初期の辛い症状である食べづわりは太るの?注意点をまとめました
妊娠初期の症状として知られる「つわり」。食べ物をみると気持ち悪くなってしまう「吐きづわり」と逆に、食べていないと気持ち悪くなる「食べづわり」があります。今回はあまりよく知られていない食べづわりの注意点をあげていきます。
食べづわりを乗り切る!注意点と対策
妊娠初期の「つわり」の中でも人によって症状は様々です。このページでは食べづわりに注目して、その注意点と対策についてお話していきます。
妊娠中のお酒・タバコについて
妊娠したら、まずは禁酒・禁煙を心掛けましょう。妊娠中のお酒とタバコが母体や胎児にどんな影響を及ぼすのか詳しく説明していきます。
妊娠中の薬の服用とサプリメントの摂取について
妊娠中の薬やサプリメントの摂取には注意が必要です。特に妊娠初期は、赤ちゃんに影響しやすいので、必ず医師に相談の上、妊婦でも飲める薬を処方してもらうといいですね。
妊娠中の食事についての注意点
お腹の赤ちゃんのために、妊娠中の食事には気をつけたいことが意外とたくさんあります。好きな物を好きなように食べられないのは辛いですが、バランスのいい食事を心掛けましょう。
妊娠中の日常生活での注意点とは?
妊娠したら今まで通りの生活というわけにもいきません。なにしろお腹の中に赤ちゃんがいるんですから。運動や家事、外出時の注意点などをまとめてみました。赤ちゃんとママの健康を第一に心がけてくださいね。
つわりと貧血は食べて治す〜妊娠前期〜
妊娠中の体の変化による不快症状として代表的な「つわり」と「貧血」の改善方法をご紹介します。

ページTOPへ

サイトTOPへ